コオロギ交響曲

2017.09.07.Thu.19:22
夕方になると、たいへん涼しくなりました。
もし残暑がやってきたら
ショック死するのではないかと恐れています。

先週ぐらいから、わが家のまわりでは
夕方以降になると、コオロギが鳴きはじめましたが、
今週ぐらいから、よりパワーアップした大合唱になってきています。

夜、ちょっとした仕事をする時は、
音楽をかけないで
「コオロギ交響曲」の生演奏をBGMにしています。
そのうち、マツムシやスズムシも加わることになります。
イメージに合う動画をさがしてきました。

https://www.youtube.com/watch?v=pH8fKPl46tM


最近の断面2017.08

2017.09.04.Mon.19:44
土日は泊まりで出張でした。
最近、福島県へ行く機会が増えています。
おひる時、時間があったので、
2年前にいわきへ行った時に衝撃を受けた
喫茶店「J」のサンドウィッチの断面を食べに行きました。
昨日は、カツとサラダをセレクト。
あいかわらず厚めの具を大胆にはさんであり、
見た目、食べごたえに断面フェチの私も満足。

2017090314570000sd.jpg

これは前回、食べたカツと卵。
7886422_2172530891_226large.jpg

ちなみにこれは前日、食べた
いわき駅前の喫茶店「B」のミックス・ローストサンドウィッチ。
2017081514410001ag.jpg

いわき市は「サンドウィッチの街」なの?と、
私は勘違いしそうですw.

カラフルな朝食

2017.09.01.Fri.11:30
昨日は夕方から仕事で郡山市へ行っていました。
常磐道〜磐越道をつかって往復4時間も運転して疲れました。
帰宅が24時すぎになってしまった。
しかもサッカー日本代表のロシアW杯への出場がかかった豪州代表戦の放送と
打ち合わせの時間がジャストで重なってしまい、試合が見られず残念でした。
しかし、転んでもただでは起きないのがワタクシです。

郡山のご当地パンのクリームボックスをしっかり買ってきました。
前回、前々回は一般的なものを買いましたが、今回は季節限定商品です。
スイカ味とレモンクリーム味。

スイカ味は果汁が入っていて、種はチョコレート・チップ。
レモンクリーム味は、シロップ付けのレモンがのせられています。
最近、料理でレモンバターソースを作ることがありますが、
乳製品とレモンは意外に相性がいい。
(そういえば栃木にレモン牛乳というご当地ドリンクが売られていますね。)
当然のように断面を切ってみました。

脱脂粉乳が入ったパン生地がミルキーが美味しい。
クリームが厚ぼったく塗られていて、
その表面が焼かれているようなので、
包装フィルムに付くことがないです。

DSCF6463pp.jpg

で、これが今日の朝食です。
あったものをお皿にのせただけのワンプレートです。
でもカラフルになりました。

DSCF6458pp.jpg

祝・パセリの復活

2017.08.31.Thu.10:01
祝・パセリの復活
先週、私が大事に育てていたパセリが
アゲハチョウの幼虫くんたちに食い尽くされた…
という悲劇的な日記を書きました。

DSCF6407kms.jpg

そのまま庭に放置していたパセリでしたが、
先ほど、なんと芽吹いていることに気づきました。
日当たりのよいところに置いていたことと、
雨もそれなりにあったことに因るのでしょうか?
死んだと思っていたのに生きていたとは
なんという幸運。

パセリくんがわが家の食卓に復活するぐらい
また成長してくれたら嬉しい。
とりあえず安全な場所へ引っ越しさせないと…。

DSCF6455pp.jpg

明日の日本代表✕豪州代表|アジア最終予選

2017.08.30.Wed.15:22
明日8/31は、ロシアW杯アジア最終予選の日本代表✕豪州代表の試合があります。
なんとこの試合時間、私は出張先で会議に出席しなければなりません。
試合を見ることができずたいへんに残念。
休憩時間にこっそりとワンセグで試合状況をチェックできるだろうか。

昨夜、UAEがサウジアラビアが勝ったため、
オーストラリアは最終戦をホームでタイと戦いますが、
まちがいなく勝ってW杯出場を決めるでしょう。
だから明日の日本との試合は無理をしないと思う。

むしろ日本の最終戦はアウェイでサウジアラビアと対戦。
おそらく向こうは必死でくるでしょう。
引き分け以上でOKとは言ってられません。
できるだけ明日の試合を勝ってW杯出場を決めたい。
そのためには、「戦える」選手を出してほしい。
本田や香川は先発は無理じゃないかと思っています。

とりあえず明日の日本代表のスタメンを予想してみました。
基本的な考え方は、
①運動量が多く、前線から献身的な守備ができる選手。
②フィジカル・フィジカルがよいこと。

試合展開としては、
体格のよい豪州相手に点を獲るためには、
高い位置からの守備でボールを奪うショートカウンターでしょうね。
原口と岡崎が前線からボールを追ってプレスし、
柴崎がボールを拾い大迫へタテパスを通すシーンを思い浮かべています。
そのためにはフォーメーションは基本は4−2−3−1。
柴崎がすこし下がると4−3−3になるような感じがよいと思う。

個人的には、センターラインにならぶ
大迫-柴崎-昌子の鹿島ラインが
決定的な仕事をしてくれそうな予感w。


-------大迫--------
-------------------
原口-----------岡崎
-------柴崎--------
-------------------
---長谷部--山口----
-------------------
長友-昌子-吉田-酒井
-------------------
    |川島|