お庭を拝見@水戸市N邸

2018.05.21.Mon.08:19
水戸市の友人N氏のお宅のお庭“T's Garden”を久々に拝見してきました。
ガーデニングに造詣が深い奥さまが熱心に手入れをされていて、
90坪ぐらいの広さのお庭には、さまざまな草花を見ることができます。
ひとつひとつ解説をしていただいきました。
話題になったのは以下のようなことでしょうか。

・午前中にしか咲かない花
・屋根を同じくらいの高さまで伸びてしまったコニファー
・男性と女性が好むバラのちがい
・手触りが気持ちよい葉っぱ
・花よりも葉のかたちや色がおもしろい品種
・リビングの吐き出し窓をピクチュアウィンドウ化してバラ園をみる景色

DSCF7995y.jpg
DSCF8003.jpg
DSCF7988y.jpg
DSCF7983t.jpg
DSCF7977t.jpg
DSCF7976t.jpg
DSCF7968t.jpg
DSCF7965t.jpg
DSCF7962t.jpg
DSCF7960t.jpg

「母の日」の断面系ワンプレートご飯

2018.05.14.Mon.19:47
昨日5/13日曜日は「母の日」でした。とりあえず83歳の母はギリギリで元気です。後日、妹の家族と合同食事会を企画しているので、昨日は特にイベントはしませんでした。とりあえず何か食べたいものがあるか訊いたら、「かんぴょう巻やおいなりさん」という返答でした。このリクエストは、スーパーで買ってきたもので済ませることができます。土曜日は東京出張で帰宅したのが24時だったので、お疲れモードの私には嬉しいw。このカーネーションは、デイサービスでもらってきたものです。まだ蕾ですが、そのうち咲いてくれるでしょう。

DSCF7897m.jpg

スーパーで買ってきたものは、母のリクエストの他、なぜか半熟卵のスコッチエッグを惣菜コーナーで発見。すばらしい。もしこれにロールケーキを追加したら断面一色のワンプレートご飯になるではないか!母の日と、私が好きな断面&ワンプレートの三重奏になります。これが母の日の断面系ワンプレートご飯です。私は味噌汁を作っただけ。ああ、楽ができた。しょう油の器のコースターも、ヒノキの枝の断面です。

DSCF7905m.jpg

薄氷の勝利がつづく鹿島(ACLラウンド16上海上港戦)

2018.05.10.Thu.23:04
昨日5/9の夜はカシマスタジアムで、強風・雨・寒さと戦いながらのサッカー観戦でした。鹿島アントラーズと上海上港の対戦。この試合はアジア・チャンピオンズ・リーグの決勝トーナメント・ラウンド16の鹿島のホームゲームです。

今季、Jリーグでは不調の鹿島ですが、日本勢では唯一、勝ち残っています。試合は鹿島が3-1で先勝した。今季、得点力不足で低迷している鹿島が3点取った試合ははじめてです。内訳は2点はセットプレイ、1点はオウンゴール。鹿島はセットプレイに難があるというスカウティングが功を奏しましたが、内容的に圧倒して勝ったわけではないので、嬉しさ半分、心配半分です。3-0になってから上海が猛攻撃を開始。上海には元ブラジル代表のオスカルなど中国マネーで集めた有名選手が多く、脅威でした。なんとか1点でしのぎ切りました。アウェイゴールを2点取られていたら次戦に響くので、許される範囲のところでしょうか。強い時の鹿島だったら、1-0でも楽に勝てるのに、3-0でも不安を感じてしまうとうのが情けないのですが、本調子じゃないのに、とりあえず先勝できたことは評価しましょう。
いつもは高所からピッチを俯瞰するように観戦している私ですが、平日で悪天候ということもあり観客8,800人と少なかったので、いつもは観客で埋まってしまうゴール裏のいちばん上で観戦。ここは雨が掛からないのです。

5/5土曜の宿敵・浦和レッズ戦、内容的には不満がありましたが、PKでとった1点を守りきっての勝利。昨日もセットプレイとオウンゴールの得点。スッキリとした勝ち方ができないのが今の鹿島の現状です。司令塔的な役割の遠藤がケガから復帰したことで、中盤からの組み立てがすこしよくなってきた気はしますが、まだまだです。しかし薄氷の勝利でも、それを積み重ねれば光明が見えてくると思います。

とりあえず来週5/16の敵地での試合を乗り切ってACLの準々決勝へ勝ち進み、ロシアW杯でJリーグが中断する6月になんとかチームを立て直してほしいです。

2018050920150000ks.jpg

エビネ展@茨城県植物園

2018.05.05.Sat.08:41
大型連休後半初日の5/3、特に外出の予定はなかったのですが、県の植物園(那珂市)で「エビネ展」がはじまるという記事を朝刊で発見。エビネ(海老根)は可憐で地味な和蘭です。私は園芸のことは詳しくないのですが、エビネの名前の由来は地下に連なっている茎とそこから生えている根がエビに似ているからのようです。私の姓と同じ名前なので、関心があることは言うまでもありません。雨っぷりでしたが、車を飛ばして行ってきました。

十年ぐらい前、私はたまたまホームセンターで見つけたエビネの苗を鉢植えして育ててみたことがあります。開花した時は感動しました。しかしデリケートな植物らしく、数年で枯らしてしまいました。

茨城県植物園に展示されていた愛好家が育てたエビネは立派な作品(!)でした。しかし展示方法はあまりにも残念です。センスなし。ひな段に雑然と鉢が置かれただけです。いつくかの作品には県知事賞、茨城新聞賞などのプレートが掲示されていましたが、できれば愛好者じゃなくても楽しく観賞できるように、品種のことなど表示されていると親切なんですけどね。

写真は自由に撮ってよいことを確認して、デジカメで私が気に入ったエビネを撮影してきました。背景が残念だったので、接写が多くなりました。私が好きな写真家ロバート・メープルソープのように撮りたかったのですが、私のデジカメではこれが限界です。ミラーレスが欲しくなってきたw。

DSCF7833e.jpg

DSCF7839ee.jpg

DSCF7816ee (2)

DSCF7816ee (1)

DSCF7816ee (3)

DSCF7816ee (6)

素数好きが選ぶナンバープレートは「安全素数」

2018.05.05.Sat.08:28
今、私が乗っている自動車は21万キロ走っています。地球5周強に相当。16年半も乗っているガソリン車ですが、一度も故障したこともありません。エンジンオイルの入れ替えなど、それなりのメンテナンスはしてきました。燃費もガソリン1リットルで18~20キロ程度走ってくれるので上々。エンジンの回転数と速度の効率をいろいろ試して、もっともエンジンの能力が出る状態での運転を心がけていたら、低燃費でよく走ってくれています。
しかしながら数ヶ月前、車検の見積もりをしてもらったところ、車底からオイル漏れなどいろいろ不備が発見され、この車を修理をして車検を通すためには相応の額が必要であることが判明。実を言うと私も電気系統に若干の不安を感じていたので、6月車検までに車を買い換える決心をし、今、納車を待っているところです。

新車の仕様を決めることも重要ですが、私にとって重要なのがナンバープレートの検討です。希望ナンバープレート制ができてから、その車の持ち主の個性がいろいろ出るのでおもしろいものです。
人気があって抽選制の番号もあるそうですね。
「1111」「3333」「7777」「8888」「1」「3」「5」「7」など
それ以外では、
「2525」「1122」「1188」はメッセージ付き(ニコニコ、いい夫婦、いいパパ)
「12」「8」「33」「40」はカシマスタジアムの駐車場でよく見るナンバー
「164」「26」「325」「235」は名前ナンバー(ひろし、じろう、みつこ、ふみこ)
「1964」「2020」「1192」は記念の年のナンバー
「1129」「4946」「109」はお店ナンバー(いい肉、よく読む、東急)
「358」は風水で人気があるナンバーらしい。
「3776」は富士山の高さのナンバー

しかしながら素数が好きな私は、4ケタの素数からナンバープレートを選ぶことは言うまでもありません。素数ナンバーにこだわっている人って、絶滅危惧種に指定されてもおかしくないぐらいの少数だと思われます。おそらく理系、特に数学関係者、数字マニア、変人などなど。

素数の概念は、中学校で習ったとは思いますが「1 より大きい自然数で、正の約数が 1 と自分自身のみであるもの」です。たとえば「7」は、「1」と「7」でしか割り切れないので素数です。一方で「6」は「1」「2」「3」「6」で割り切れるので素数ではない。自分自身の数と1以外では割り切ることができないという性質は、ひとつの人格のようなので私は素数が好きです。2,3,5,7,11,13と二桁の素数はスラスラ言えますが、ナンバープレート4桁の素数の判断は慣れないとできません。信号待ちの時、前の車の素数判定をするのが私の趣味ですw。素数の分布については、いまだに解明がされていません。数学者にとって素数は、最大の研究対象だと言われています。

素数には、個性的なニックネームをもった素数があります。
メルセンヌ素数:2n - 1(n は素数が必要、n = 2, 3, 5, 7, 13, …)
フェルマー素数:22n + 1
オイラー素数:n2 + n + 41
階乗素数:n! + 1型 (n = 1, 2, 3, 11,…)、n! - 1型 (n = 3, 4, 6, 7, 12, …)
フィボナッチ素数(フィボナッチ数の数列に含まれる素数)
などなど。

その中で私は「安全素数」とい性質の4桁の素数から決めました。
「安全×素数」というのは私らしいw。
やはりドライバーは「安全第一」です。

ちなみに安全素数(safe prime)の定義は
p と 2p + 1 がともに素数である場合における 2p + 1 が
安全素数となります。小さい順から並べると
5, 7, 11, 23, 47, 59, 83, 107, 167, 179, 227, 263, 347, 359 …

安全素数という名前は暗号理論に由来するらしく、安全性が求められる暗号や暗証番号などでこの考え方が応用されているようです。実は今、乗っている車のナンバーも「安全素数」から選んでいます。これまでずっと無事故なので、新しい車も「安全素数」でいきたいと思います。その上で、数字の配列が美しい番号を検討しました。
しかし残念ながら、番号は秘密です。