1ヶ月前にみてきた「池田学展 The Pen-凝縮の宇宙-」

2017.11.02.Thu.18:39
9月末に東京へ出張した時、日本橋のデパートで催されていた「池田学展 The Pen-凝縮の宇宙-」を見てきました。9月はバタバタしていて、展覧会を見てからもう1ヶ月も経ってしまいました。やっと感想を書けますw。以前、池田氏は美術番組で作品が紹介され、ずっと気になっていたアーティストでした。私の出張と個展のタイミングが合ったことが幸いしました。池田氏の画業20年を振り返る展覧会、私が会場に着いたのは比較的遅い時間でしたが、仕事帰りと思われる美術愛好者で大盛況でした。

私はどちらかというと、抽象画や現代美術が好きなので、この展覧会にあるような具象画を見たいと思うのは稀です。私の興味は池田氏の創作手法でした。1mmに満たないペンを使い、その細い線で描ける大きさは一日に10センチ四方。非常に緻密な描写です。半年前にみたブリューゲルの「バベルの塔展」を思い出しました。しかしながら、池田氏が描きだす作品はとても大きなスケール感と構成感がありました。映像展示をみると、池田氏は全体のイメージを決めず、漠然としたイメージで、まずディテールを描きはじめ、描きながら除々に全体像をつくっているという創作プロセスをとっているそうです。彼自身その描き方を「積み木を積むよう」と言っていました。作品そのものも大きく圧倒的。出来栄えもなかなかすばらしく、私は驚きました。私の仕事である建築をはじめ、多くの美術作品は全体像を構想してからディテールを決めていくことが多いからです。一般的な手法を演繹的というなら、池田氏の場合は帰納的と言えそうです。

芸大の卒業制作でもある『巖ノ王』(1998)は、前述したブリューベルの『バベルの塔』のような量感。精緻に描かれた岩の質感が見事。細部には動物が描かれていて、いろいろ発見があって楽しい作品。この作品が、池田氏の画風を決めたのだと思われます。
miiDSCF6506.jpg

『予兆』という作品は、大波で多くのものがのみ込まれる様子が描かれています。私は311東日本大震災のイメージを描いたのかな…と思ったのですが、実際に描かれていたのは2008年でした。芸術家の直感(予感?)がこの作品を描かせたのでしょうか?
DSCF6505mi.jpg


一方で最後の展示室にあった『誕生』という作品は震災後の2013~2016年に描かれたもの。大波が押し寄せる海面から大樹が現れ、花を咲かせています。復興の願いが込められた作品であることは明らかです。この展示室だけは撮影可でした。縦3m✕4 mもあります。実作をみると4年もかかることが実感できます。

DSCF6504pp.jpg

DSCF6503mi.jpg





ドイツの建築家ミース・ファンデル・ローエは“神は細部に宿る(God is in the details)”という言葉をよく口にしました。彼の建築に見られる考え抜かれたディテールがすばらしく、細部まできちんと仕上げてあるのですが、池田氏の作品を見ていても同等のことを感じました。いかに細かいところまで描きこんでいるかは、実作をみないと到底、感じることができない作品でした。

DSCF6509d.jpg
DSCF6510d.jpg
DSCF6511d.jpg

壇蜜ではなく断蜜

2017.10.29.Sun.08:27
私が毎年、楽しみにしている秋の味覚が「高徳」というリンゴです。
近所のスーパーが箱売りで予約販売してくれます。

「高徳」は小ぶりですが、中には黄金色の蜜がたくさん入っています。
お味はシャリとしていて、爽やかな甘さが特徴です。
私の場合は食べるだけでなく、
断面フェチの私にとって、断面を切ることも楽しみのひとつです。

断面を切ると蜜があふれていることを「断蜜」と定義しましょうかねw。
室生犀星の言葉を借りるなら、「蜜のあわれ」。

DSCF6548ap.jpg

DSCF6566ap.jpg


それと最近の断面。
所用で伺ったU氏宅でゴチになった断面です。
ほぼ100%栗でできた「栗羊羹」の断面。
瑞々しい柿の断面。
秋ですねぇw。

2017102714210001ak.jpg

2017102714340002ak.jpg

シンゴジラを凍らせた「ヤシオリ作戦」

2017.10.23.Mon.21:38
昨日10/22の夜のTV番組は、
各局すべて衆議院選挙の開票速報でした。
私見ですが、選挙結果やその分析は
明朝以降でよいと思っていました。
したがって選挙特番は、
20時に出た議席獲得予想をチラ見しただけです。

実は選挙特番の時間に私が見てたのは
ブルーレイの映画「シンゴジラ」でした。
台風21号があらかじめ借りてきたものです。
昨年、劇場で見てきましたが、
じっくりと再見したいと思っていたのです。

このシンゴジラの台詞は全体的に早口で展開が早かったですね。
目立たないところで、こんな役者さんがいたの?といろいろ発見がありました。
それと劇場でみながら「?」と思っていたことを
いくつか検証してみたいところもありました。

はやくゴジラをなんとかしないと他国によってゴジラを核攻撃され、
事後、東京が壊滅してしまうという状況下で立案されたのが
ゴジラを凍結するという作戦でした。

防衛省側はお役所らしく
「巨大不明生物の活動凍結を目的とする
血液凝固剤経口投与を主軸とした作戦要項」という名称案を出しましたが、
主人公の矢口は、長いという理由で「ヤシオリ作戦」と名付けました。

劇場で見ていた時、「ヤシオリって何だ???」と思いましたが、」
映像に引き込まれていってしまったので後回しにしたままでした。
昨日、再見した時に「ヤシオリ作戦」という言葉を思い出し
いろいろ調べてみました。

ヤシオリというのは、漢字で「八塩折」と書きます。
なんと『日本書紀』にある須佐之男命がヤマタノオロチという大蛇を倒す時、
用いたのが「八塩折之酒」というそうです。
八塩折之酒は極めて強いアルコール濃度の酒で、
ヤマタノオロチに大量に飲ませ、寝てしまったところを
須佐之男命が十束剣で切り刻んだということです。
そういえば子供の時に読んだ絵本に
そのような話があったような気がしてきました。

ヤマタノオロチ≒シンゴジラ
八塩折之酒≒血液凝固剤

ということになりますね。
なかなか奥が深いネーミングだったようです。
やっと一年越しの謎が解けましたw。

godzilla2017.jpg




あっ、11月に「シンゴジラ」が民放で放送されるそうです、

https://www.youtube.com/watch?v=YbSrFIwYm5Q


藤山一郎が歌うクラシック

2017.10.22.Sun.22:40
超大型台風が接近している休日、
不要不急のの用事もないので
自宅でおとなしくしています。
(衆議院選挙の期日前投票へ行っておいてよかった!)

午後、FMラジオで放送されている「きらクラ」という
ゆるいクラシック番組を聴きながら、
パソコンと囲碁対局をしていました。

すると、チャイコフスキーの弦楽四重奏曲第1番の
第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」の有名なメロディが
「春の花束」という歌として流れてきました。
歌っているのは藤山一郎。ビックリ!
正確無比な歌い方はあまり面白味を感じませんが、端正で清潔感はありますね。
日本語(野上彰作詞)がメロディに上手に付けられていますが、
このメロディはどちらかというと秋から冬向きではないかと思いました。
藤山さんって、「東京ラプソディ」や「長崎の鐘」など
流行歌謡の歌手と思っていたら、
声楽をキチンと勉強した方だったようです。

you_tubeを検索してみたら動画がありました。
昭和27年の録音です。

https://www.youtube.com/watch?v=nu_IRw1vFT8





「藤山一郎 クラシック」でおもしろ半分で検索してみたら、
シューベルトの未完成交響曲の第1楽章に歌詞をつけて
ジャズ・アレンジで演奏している動画も発見。
題名は「愛のともしび」。
昭和24年の録音なので、
私が生まれる前のものであるにもかかわらず
とても懐かしい昭和サウンドのように感じられます。
数日前の報道で、2019年3月に天皇陛下がご退位になるとのこと。
つまり1年半後には「平成」が終わります。
さらに「昭和」が遠くなりますね。
音で昭和を懐かしむことって、今度、増えそうです。

私のひと世代上の方々が
9月末までに放送されていた
昭和40年前後の様子を描いた朝ドラ「ひよっこ」を
とても懐かしがっていた気持ちが理解できます。

https://www.youtube.com/watch?v=uq9eV-LvDQY

ベートーヴェンとアイスクリーム

2017.10.20.Fri.14:53
今日は終日、事務所…というか自宅でゆっくりしています。
お昼どき、冷蔵庫の中にあった半端に残った食材を消費するために
チャーハンをつくっていた時のことです。
ちょうどTVをかけていました。

ちなみに中華系の料理は「味覇」という調味料をつかうと失敗しません。
この「味覇」のCMに“ドクターX”を演じている女優さんを起用して
「私、料理には失敗しないんで…」と言わせてみたい。

話を戻します。
フライパンを振るいながらチャーハンをつくっていると
テレビからピアノであるメロディが流れてきました。
ドシラソファファミ〜、ソミドドドレミ〜

アレッ?
昼どきにクラシック音楽の番組やっていたかな?と思ってしまった。
それはベートーヴェンのピアノソナタ第31番変イ長調作品110の第2楽章の冒頭。
こんな曲、ひる時にTVで流れるなんて、
ちょっと考えられませんからねw。

ベートーヴェンの激しいメロディをBGMにして
AKBとか乃木坂なんちゃらとか言うアイドルグループの可愛らしい女の子が
アイスを食べているCMって、なかなかにミスマッチ。
アイドルのことは全然分からないけれど、
ベートーヴェンのことは、とりあえず知ってる。

でも、いいように考え直すと、
このメロディの熱っぽさで、
アイスが口の中で溶け広がるイメージとしたら
まあまあ納得できます。

実は32曲あるベートーヴェンのピアノ・ソナタで、
私は一番好きなのがこの第31番なので間違えるはずないのです。
8月に上野で、イリーナ・メジューエワのリサイタルで聴いたばかりです。

検索してみたら、you_tubeで、そのCMを発見しました。
アイドルたちに

「ケーキなの?アイスなの?」と問われたら、
「ベートーヴェンじゃん!」と言ってやりたいです。

https://www.youtube.com/watch?v=nL_ENpdcZY4