FC2ブログ

雨中の建築行脚「駐日クウェート大使館」

2018.03.12.Mon.09:44
3/8に上京した時、丹下健三設計の「駐日クウェート大使館」を見てきました。なぜ雨の中、わざわざ見に行ったかというと、耐震性の問題があり、4月ごろから改築がはじまると発表されていましたからです。解体されてしまってからではもう遅い。見られる時に行かないと!と思い、行ってきました。ここへ行ったのは私が建築学科の学生だったおよそ30年前。白金高輪駅を降りて三田方面へ。この辺りは坂が多いことでも有名。幽霊坂など通って歩くこと十数分。難儀でしたw。

傘を持ちながらの撮影だったので、あまりよく撮れなくて残念。さらに大使館という用途上、内部への立ち入りもできなく残念。

DSCF7486qq.jpg
DSCF7477qq.jpg
DSCF7497qq.jpg


この建物は、丹下健三の作品の中では、ユニークな部類だと思います。デザイン的な特徴は、上層部分が大使公邸、下層部は大使館の事務室と機能的にクリアな分離がなされていること。上層部は2本のコアシャフト(階段やエレベーターなどが入る縦方向に強い構造体となる部分)によって支えられています。上下の大きなボリュームで構成されているユニークな造形です。このデザインの考え方は、この4年前に竣工した甲府にある山梨文化会館にも通じるところがあります。最近、流行している建築は、建築の存在そのものを感じさせない軽めのものが多い中、クウェート大使館は構造的に雄弁で存在感が大きい建物です。これは丹下の代表作の中ではそれほど有名ではありませんが、私は好きです。
20世紀の大建築家ル・コルビュジエは、近代建築の五原則を提唱しました。それは①ピロティ、②屋上庭園、③自由な平面、④横連窓、⑤自由なファサード。丹下はル・コルビュジエを非常に尊敬していたので、この駐日クウェート大使館からも五原則の痕跡を見出すことができます。

以下の画像は、別の方が好天の時に撮ったものです。
上手の撮れていますね。
特に夜景は、建物の仕組みがよく分かります。

qt01.jpg
qt02.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する