FC2ブログ

河村尚子|ピアノリサイタル@浦安音楽ホール

2018.02.15.Thu.17:21
■河村尚子の現在(いま)を聴く~ベートーヴェンを中心に~
■2018年2月12日(月)14時@浦安音楽ホール
■ピアノ:河村尚子
♪バッハ:「羊は安らかに草を食み」
♪バッハ:パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV 825
♪ブラームス:間奏曲イ長調op118-2
♪ブラームス:バラードト短調op118-3
♪ブラームス:間奏曲ホ長調op116-4
♪ブラームス:奇想曲ト短調op118-3
 【休 憩】
♪ベートーヴェン:ピアノソナタ 第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」
♪ベートーヴェン:ピアノソナタ 第14番 嬰ハ短調 Op.27-2「月光」
 【アンコール】
♪バッハ=ケンプ編:フルートソナタ第2番変ホ長調BWV1031~シチリアーノ

建国記念日の振替休日の月曜日、午前中は竹橋の近美で「熊谷守一展」をみた後、午後から昨年できたばかりの浦安音楽ホールで河村尚子のピアノリサイタルを聴きました。河村のリサイタルを聴くのは3回目ですが、5~6年ぶりです。今回のリサイタルはバッハ、ベートーヴェン、ブラームスというドイツの大作曲家「3B」が演奏されます。入場してプログラムをみると、バッハの曲順の変更と、ブラームスのピアノ曲の追加などが目に留まりました。

最初に静かに弾かれたバッハの「羊は安らかに草を食み」は、彼の世俗カンタータのソプラノのアリアをピアノ独奏に編曲したもの。前奏の柔らかい響きはオルガンのよう。歌うように美しいメロディが紡がれました。右手の和音は風が葉を揺らす音のよう。森の中で聴いているようなゆらぎ(1/f)感じます。たしかこの曲はFM「朝のバロック」のテーマ音楽でした。2曲目のパルティータ1番は、間髪入れずに続けて演奏されました。第1曲のプレリュードのトリルは鳥のさえずりのよう。情感的な音のつながり方が滑らかでうまい!と思いました。パルティータはきわめて明晰な演奏で、聴く者の心が整うものでした。

次のブラームスの4曲は最晩年の渋い演目なのに、河村が弾くと5月の緑のような瑞々しさが感じられます。特に間奏曲イ長調は、昼のまどろみの中で、ゆったりと豊かな時間をすごしているような気持ちになります。しかし長調・短調の明暗が入れ替えをしながら4曲が続いて演奏されましたが、心がざわつく波乱の予感がして前半終了。河村はブラームスやシューマンなど内声の響きが厚い曲の演奏、うまいですね。

この時、リサイタルの全容がなんとなく分かった気がしました。前半は朝と昼の音楽。後半は月光ソナタがあるから夜。音楽で一日の時間のうつろいを表現しているのだろうか?と考えてた。そう思う理由は、初めて河村の演奏をつくば市で聴いた時、複数の作曲家の曲をたくみに配列しながら、文学的な香りを感じさせる演奏を聴かせてくれたからです。

後半の一曲目はベートーヴェンの悲愴ソナタ。超有名曲!(私が学生の時、友人に教えてもらってなんとか第2楽章のアンダンテ・カンタービレを弾けるようになったというエピソード付きw。)河村が弾いた悲愴の冒頭、びっくりしました。他のピアニストとはまったく異なる弾き方。楽譜には冒頭の和音をフォルテピアノと記されています。ガーンと和音を響かせた後、物理的に音が弱まるまでをフォルテピアノと解釈した考えで弾く人が多いと思います。逆放物線の右半分のイメージです。一方で、河村はガンとアクセントを聴かせて響かせた後、瞬間にペダルを離して急速の音を弱めてしまった。それが音で断絶の壁をつくるかのよう。このような弾き方を聴いたのは初めてです。楽譜をみる限りは、それもアリのような気がしますが、その時はあまり受け容れられない気分でした。演奏そのものは、冒頭の和音が起爆剤というか、推進力がともなってグイグイと迫ってきました。有名な第2楽章も歌うというより、早めのテンポで通過していってしまった印象。情感に乏しいように思われました。

ura02.jpg



しかし次の月光ソナタになると、一転して「音の風景画家」のように情感豊かな演奏に戻っていました。テンポもやや早めだったかも。
演奏を振り返ると、このリサイタルはバッハが「起」、ブラームスが「承」、悲愴ソナタが「転」、月光ソナタが「結」、つまり起承転結という構成のようです。そう考えるのなら私にとっては新解釈の河村の悲愴ソナタの演奏はなるほど!と思えますが、はっきり言って、あの悲愴ソナタは個人的にはあまり好きじゃないです。
河村は6月からベートーヴェン・シリーズをはじめると訊いています。当初、行くつもりでしたが、今回の彼女の演奏を聴いて迷いはじめました。

最後に、はじめて聴いた浦安音楽ホールのことを書きます。約300人収容でシューボックス型の音楽専用ホール。ホールもそれなりに容積があり、残響は空席なしで1.8秒程度。客席構成がユニーク。1階席、その後方に中2階の席、そして2階席(バルコニー席を含む)。私が聴いた日は80%ぐらいの入り。私は2階のセンターの最前列でしたが、ピアノの響きもそれなりに明瞭でまあまあの音響だと思いました。
しかし、観客のマナーが最悪でした。演奏中、ペットボトルで水を飲む人がいてビックリ。キャンディをなめる人は多数。おしゃべりをする人、不愉快なビニル袋のカサカサ音。私、がっかりしました。さすがに演奏中に水飲みはまずいと思って係員にその旨を告げました。演奏中、スタッフはホール内にはいませんでした。このホールは、出来て日が浅いとはいえ、よき聴衆を育てる努力を怠っているようですね。誰も聴いていない館内放送をするだけでは駄目です。集客はよくても、クラシックの音楽会に行き慣れているような雰囲気の人はあまりいなかったかも。よい演奏会というのは、演奏者、観客、ホールの3要素が揃わないと成り立ちません。そういう点では、この浦安音楽ホールはまだまだですね。

ura01.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する