朝ドラ「ひよっこ」の谷田部家を訪ねて

2018.02.05.Mon.19:54
私はあまりTVドラマを見ませんが、昨春から半年間、放送された朝ドラ「ひよっこ」は例外的に見ていました。なぜならドラマの舞台が私の地元の茨城県の県北地域だからです。ドラマのヒロインの谷田部みね子(演:有村架純)は奥茨城村出身という設定。ドラマの内容もなかなかおもしろかったです。波乱万丈の人生を歩んだ人物を描くのではなく、地に足がついた普通の人々。登場人物が丁寧に個性的かつ魅力的に描かれ、共感できることも多かった。朝ドラの歴史の中でも、異色作だと思います。

初回放送で出てきたみね子を家は、茨城県の農村によく見られる南面に半間ほどの広縁がある赤い屋根の民家。私は、どんな場所でロケしたのか気になっていました。機会があれば訪ねてみたかった。そしてその日がやってきました。2/4は読売日本交響楽団のいわき公演を聴きにいくことになっていました。ロケ地がある高萩市を通ります。国道から30分ぐらい山間部へ入ると谷田部家があることは事前調査で分かっていました。冬タイヤは履いた安心感があったので、近くまで行ってみようと思っていました。県道から細い道へ入っていきましたが、最終的なアプローチとなる道は、車1台がギリギリ通れるという狭さ。対向車がきたらどうしよう…と思いながら運転しました。するとTVでみた赤い屋根が見えてきた。雪が積もっている田んぼは、ドラマで田植えをしていましたね。TVでみたまんまの環境でした。しかし、よくぞこんなところでロケをしたものです。隣の市に住んでいても、ロケ地でなければ、絶対に行くことはないと断言できるような場所。NHKのロケ隊、頑張りましたねぇ。
雪がまだ残っていました。雪の中のみね子の家の画像、貴重かもw。

DSCF7109hh.jpg
DSCF7110hh.jpg

お住いの方がいるようでしたので、遠くから見るだけにしました。近くには小川。まったくの無音の世界で、耳を澄ますとせせらぎのサラサラした音だけが聴こえてきます。そして私が踏みしめる雪のギュッギュッと締まる音。15センチぐらい積もっていました。こういう場所にたたずんでいるだけで、癒やさそう…。空気も澄んでいる!この周辺には私だけしかいませんでした。

DSCF7115hh.jpg
DSCF7122hh.jpg

時間はお昼を過ぎていました。私もお腹がすいてきた。ここから40分ほど車を走らせて、北茨城市の花園渓谷にある川魚と山菜が食べられるお店に立ち寄りました。これも「奥茨城の味」と言えます。この日は、ニジマスの塩焼きをいただきました。美味しかった!

DSCF7134oib.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する