FC2ブログ

うれしい「お年玉」感覚

2018.01.07.Sun.00:44
いい歳なので、お年玉はあげることはあっても、もらうことはありません。でも新年早々に喜ばしいことがあると、お年玉をもらって嬉しい子供のような感覚を持つことも少なくないと思います。2018年の正月、思いかけず嬉しいことが2つありました。

■若冲の「お猿の風呂敷」ゲット
年頭、時々買う美術の雑誌を買ったら、付録が付いてきました。それは伊藤若冲が描いた「猿猴捕月図」をモチーフにした風呂敷が入っていて、昨年から風呂敷のおもしろさを再発見した私は萌えました。「若中サルグラム風呂敷」と言うそうです。ピーコックグリーンが鮮やかで大きさが70センチ角で使いやすそう。箱を包んでみたり、レジ袋代わりのバッグにしてみたり遊んでみました。ちなみに「猿猴捕月図」は、水面に映る月影に手を伸ばす手長猿の親子が描かれています。力に余る大望の愚かさを風刺した禅の概念だそうです。

DSCF7002jk.jpg
DSCF7003jk.jpg
DSCF7009jk.jpg

■■内田篤人選手が鹿島アントラーズに復帰
私が熱心に応援している地元のサッカークラブ、鹿島アントラーズへドイツ・リーグで活躍していた内田篤人選手が完全移籍というのも嬉しい知らせでした。彼は鹿島がリーグ3連覇した時、不動の右サイドバックで、かつ元日本代表。甘いマスクで女性に人気があった選手です。ドイツでは膝の怪我で出場機会が減っていたようですが、アントラーズ・レジェンドの復帰は戦力以上に、若い選手に与える影響が大であることは間違いないです。鹿島から欧州へ移籍した選手は、なぜか鹿島へからなず帰ってきます。これはクラブへの帰属意識が高いことを示しています。
インスタには新ユニを着た内田選手の画像がアップされていました。来年は背番号2のユニを買おうかなw。

uchida02.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する