FC2ブログ

懐かしの半ちゃんラーメン

2017.11.14.Tue.11:04
私が学生のころ、神保町の古書街へ行くのが楽しみでした。ここには工学系、芸術系といった専門に特化した古書店があったし、新書本や文庫本も数冊100円程度で買えました。私は神楽坂のキャンパスから神保町まで25分程度歩いていました。往復の電車代を浮かせると、あるお店で食事がしやすくなるからです。それは神保町の交差点からちょっと水道橋へ進み、路地を入っていったところにあります。しかしいつも店頭には行列ができていました。その名は「さぶちゃん」。ここの名物は半ちゃんラーメン。ラーメン1杯と半量の炒飯のセット。この2:1という黄金比は鉄板ですね。安くて美味しかった。そして満腹の幸福感。お金がない学生にとっては有り難かったです。単品で注文したら、そこそこの味かもしれませんが、セットに食べると相乗的に美味しく感じるのが不思議でした。都内には似たようなセットを出すお店がありましたが、ここが元祖でかつダントツで好きでした。わが青春の味。社会人になってからは足が遠のいてしまいましたが、今、調べたら、休業しているらしい。

私が「さぶちゃん」のことを思い出したのは、福島県いわき市小名浜の漁港にある大衆食堂Cで、ひさびさに半ちゃんラーメンを食べたからです。街は閑散としていましたが、ここだけは人気店らしく賑わっていました。店頭と店内も、思いっきり昭和っぽい風情です。長年、漁港で働く労働者たちの胃袋を満たしてきたのでしょう。メニューはいろいろあるのですが、ほとんどの人が半ちゃんラーメンを食べているようでした。釣られて私もオーダー。
正確に言うと、お店では、「ラーメン+半チャーハン」という表示になっています。

ラーメンのスープは、豚骨と鶏ガラの醤油味。野菜の甘みもアリ。ちょっとコッテリ。
具は大きめのチャーシューとメンマと蒲鉾海苔。
麺はやや縮れた中細。

ここの半ちゃんラーメンは、初めて神保町のさぶちゃんを訪れた時ほどの衝撃はありませんでしたが、それなりに美味しかったです。ここも単品で食べるよりも、セットにするとその美味しさが相乗的に美味しくなる気がします。私なりに、その理由を考えてみました。

①ラーメンと炒飯の比率2:1が絶妙。
デザートや甘味が女子の別腹を満たすことはよく知られています。男子にとってラーメン1杯ではちょっと足りない。でもラーメン大盛りにするなら別のものを食べたい。半量の炒飯を組み合わせると、男子が満足できる適量なのかもしれません。

②「野生」の感覚を思い出させる食感
蕎麦やラーメンなど、あまり上品ではないけれどズルズルと麺をすすり上げる時の喉越し感はなんとも言えません。めしも、箸ではなくスプーンでお腹にかき込む感覚は独特のものがあります。ガツガツと食べる感覚って、野生に戻ったような快感があると言えないでしょうか?『野生の思考』を著したレヴィ=ストロース先生に怒られそう(笑)

③お得感
セットにすることで、安く感じるお得感が美味しく感じさせる魔法になっているのか?

まあ理由はどうであれ、美味しく食べられるのなら何でもアリなのでしょう。

DSCF6587han.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する