FC2ブログ

サッカーと銀杏の日曜日

2017.11.13.Mon.21:59
昨日(11/12)は好天の日曜日、私はJ2水戸ホーリホックの応援にKsスタジアムへ行ってきました。J2の試合は日曜日に開催されることが多く、いろいろ所用と重なってしまい、今季はあまりホーリーホックの応援に行けませんでした。今季の水戸は俊足のストライカー前田選手らの活躍で、中位をキープしています。その日の相手はモンテディオ山形。山形の監督は元水戸監督の木山氏。彼は水戸のことをよく知っているので、スカウティングも緻密にやってくることを予想していましたが、案の定、水戸の持ち味である走力とアグレッシブさを出させない戦術をとってきました。水戸の強力2トップへのパスの出処の選手への執拗なマークと、全体的にポゼッションをすることで水戸のカウンターを受けない戦法。山形は前半に水戸のミスに乗じて獲った先制した後は、典型的な逃げ切りサッカーでした。内容的には完敗。ホーム最終戦ということで、7500人ぐらいの観衆。スタジアムもよい雰囲気だったので、残念でしたね。

tDSCF6603.jpg
tDSCF6609.jpg

15時に試合終了。このまま帰宅するのは残念すぎるので、銀杏で有名な県立歴史館に立ち寄りました。ピークをちょっと過ぎてしまった感じでしたが、それでも青空に黄色に染まった銀杏はなかなかキレイ。上方からチラチラ、葉が鳥のように舞っていました。ここもなかなかの人出。私、人混みが苦手なので、写真をパラパラ撮って退散してきました。
以前、短歌の会に参加した時、銀杏を詠んだ有名な歌を教えてもらったことを思い出しました。

金色の
ちひさき鳥の
かたちして
銀杏ちるなり
夕日の丘に
(与謝野晶子)

比喩と倒置がたくみですね。
こんな歌を詠んでみたいw。

日曜日の心境を、なぞかけするなら、
ホーリーホックの敗戦とかけて歴史館の銀杏と解く…、
そのこころは、「散り具合が月とすっぽん」
という感じでしょうか。

tDSCF6625sas.jpg
tDSCF6626.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する