1ヶ月前にみてきた「池田学展 The Pen-凝縮の宇宙-」

2017.11.02.Thu.18:39
9月末に東京へ出張した時、日本橋のデパートで催されていた「池田学展 The Pen-凝縮の宇宙-」を見てきました。9月はバタバタしていて、展覧会を見てからもう1ヶ月も経ってしまいました。やっと感想を書けますw。以前、池田氏は美術番組で作品が紹介され、ずっと気になっていたアーティストでした。私の出張と個展のタイミングが合ったことが幸いしました。池田氏の画業20年を振り返る展覧会、私が会場に着いたのは比較的遅い時間でしたが、仕事帰りと思われる美術愛好者で大盛況でした。

私はどちらかというと、抽象画や現代美術が好きなので、この展覧会にあるような具象画を見たいと思うのは稀です。私の興味は池田氏の創作手法でした。1mmに満たないペンを使い、その細い線で描ける大きさは一日に10センチ四方。非常に緻密な描写です。半年前にみたブリューゲルの「バベルの塔展」を思い出しました。しかしながら、池田氏が描きだす作品はとても大きなスケール感と構成感がありました。映像展示をみると、池田氏は全体のイメージを決めず、漠然としたイメージで、まずディテールを描きはじめ、描きながら除々に全体像をつくっているという創作プロセスをとっているそうです。彼自身その描き方を「積み木を積むよう」と言っていました。作品そのものも大きく圧倒的。出来栄えもなかなかすばらしく、私は驚きました。私の仕事である建築をはじめ、多くの美術作品は全体像を構想してからディテールを決めていくことが多いからです。一般的な手法を演繹的というなら、池田氏の場合は帰納的と言えそうです。

芸大の卒業制作でもある『巖ノ王』(1998)は、前述したブリューベルの『バベルの塔』のような量感。精緻に描かれた岩の質感が見事。細部には動物が描かれていて、いろいろ発見があって楽しい作品。この作品が、池田氏の画風を決めたのだと思われます。
miiDSCF6506.jpg

『予兆』という作品は、大波で多くのものがのみ込まれる様子が描かれています。私は311東日本大震災のイメージを描いたのかな…と思ったのですが、実際に描かれていたのは2008年でした。芸術家の直感(予感?)がこの作品を描かせたのでしょうか?
DSCF6505mi.jpg


一方で最後の展示室にあった『誕生』という作品は震災後の2013~2016年に描かれたもの。大波が押し寄せる海面から大樹が現れ、花を咲かせています。復興の願いが込められた作品であることは明らかです。この展示室だけは撮影可でした。縦3m✕4 mもあります。実作をみると4年もかかることが実感できます。

DSCF6504pp.jpg

DSCF6503mi.jpg





ドイツの建築家ミース・ファンデル・ローエは“神は細部に宿る(God is in the details)”という言葉をよく口にしました。彼の建築に見られる考え抜かれたディテールがすばらしく、細部まできちんと仕上げてあるのですが、池田氏の作品を見ていても同等のことを感じました。いかに細かいところまで描きこんでいるかは、実作をみないと到底、感じることができない作品でした。

DSCF6509d.jpg
DSCF6510d.jpg
DSCF6511d.jpg

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する