FC2ブログ

リスト編のピアノで聴くベートーヴェン交響曲

2017.09.13.Wed.19:52
私が運転中によく聴くCDのなかに、ロシアの技巧派ピアニスト、コンスタンティン・シチェルバコフが弾くヨハン・シュトラウスのウィンナー・ワルツのピアノ編曲集があります。シュトラウスの流麗なメロディをマックス・レーガーやアルフレート・グリュンフェルト、エドゥアルド・シュットら20世紀の作曲家が超絶技巧と新感覚を駆使して編曲したものが入っています。そのコンスタンティン・シチェルバコフが弾いたリストがピアノ独奏のために編曲したベートーヴェンの交響曲全集を最近、買いました。原曲の交響曲全集は数セット(本当はいっぱいある)持っていますが、まだピアノ編曲版は持ってなく、いつか買いたいと思っていました。

ざっと聴いてみて思ったのは、初期の1~2番と4番の交響曲のピアノ編曲版がオリジナルのピアノ・ソナタように感じられたことがおもしろかったですね。特に交響曲第2番の2楽章。美しいメロディを持った楽章で、最後がフーガになっています。ピアノ版で聴くとベートーヴェンの中期のピアノ・ソナタの香りが感じられました。3番以降の交響曲にくらべて、シンプルなつくりだからでしょうかね?第6番「田園」もピアノにハマっていたと言えるでしょう。私が「音の風景画家」と考えているメンデルスゾーンの無言歌的な響きが聴こえてきました。9つの交響曲を通して聴いてみると、緩徐楽章やスケルツォがいちばんピアノの収まりがよいかもしれませね。
ちょっとおかしかったのは、3番「英雄」の第4楽章。私、リストのロ短調ソナタに聴こえてきた一瞬がありました。リストは自分の音楽をベートーヴェンに重ねたのでしょうか。

昔、ベートーヴェンの生涯を描いた映画では、難聴だったベートーヴェンが片方の耳をピアノに当てながら、音を確かめるようにピアノを弾いていたシーンがありました。またウィーンを外遊した時、エロイカ・ハウスでベートーヴェンが弾いたとされるピアノも見てきました。しかし、リスト編のような音は直接、聴こえていなかったはずです。でも彼の脳裏では、これと同等の音が響いていたのかなぁ…と想像してみました。

そう言えばリストは、「ボン・ベートーヴェン記念碑除幕式のための祝祭カンタータ」という曲も作っていました。リストはベートーヴェンを尊敬していたのでしょうね。そうでなければ、交響曲を全部、編曲するようなことはしないでしょう。

DSCF6470zzz.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する