世界史を「五十の手習い」?

2017.06.30.Fri.17:46
私は理系だったので、高校時代は世界史に関してはそれほど熱心に勉強したとは言えません。大学では建築専攻なので、西洋・日本・現代の建築史の勉強はひと通りしました。私が好きな芸術系の本を読む時、建築、音楽、美術の歴史はその時代の情勢とつながっていることが多いので、世界史の知識も最低限は吸収できていたかもしれません。ルネサンス、英雄交響曲とナポレオンの関係、ショスタコーヴィッチとスターリンなど。しかし、どちらかというと断片的なレベルでとどまっていたと思います。

最近、世界的におかしな情勢がみられるようになり、「なぜ、そのようなことが起こるの?」という疑問を持っていました。IS問題、ウクライナ問題、宗教対立、米露対立・中国の世界進出などなど。しかし新聞やニュースでもそれほど詳しく教えてくれない。そのような疑問に応えてくれるような本を読みたいなぁと思っていたら、店頭でそれに見合うかもしれないと思われる新書を見つけました。

画像で撮ったそれらの本は、最近、国際的に問題になっていることと世界史を関連付ける内容になっているので、世界情勢と歴史の因果関係が少しずつ分かってきました。世界史を「五十の手習い」をしている気分です。

クラシックの音楽評論家として有名な片山杜秀氏が、大学受験の記述式問題は大人のためにある…という副題の本をみた時はビックリ。片山氏が司会をしているFM「音楽の迷宮」を聴いている私にとって、彼が慶応大学の政治思想史の先生でもあったことはビックリでした。

7886422_2258195455_225large.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する