いにしえより響くハープ…佐々木冬彦作品集・愛について

2017.06.25.Sun.07:59
作曲家でハープ奏者の佐々木冬彦氏から新作のCDをいただきました。佐々木氏の奥様でヴァイオリニストの宮野陽子氏(東邦音大教授)は私の30年来の友人です。昨年、宮野氏のヴァイオリン・リサイタルのプログラムを佐々木氏が解説担当、私がデザイン担当というご縁があります。

7886422_2257494637_178large.jpg

ハープというと、美女が流麗に弾く姿を思い浮かべる方が多いと思います。男性でハープを弾く方って、あまり多くありません。私が知る限り、かつて男性団員しかいなかった頃のウィーン・フィルのハープ奏者は男性でした。まずは先入観なしに解説を読まずに聴きはじめました。はじめて聴いた佐々木氏のハープの音色はいままで聴いた女性ハープ奏者の方々とは違って聴こえました。流麗というよりも、ひとつひとつの音を確かめるように弾いていて、「素形」の音によって時空を意識しながら奏でているという印象。それがよくでていたのが、1曲目のハープ独奏の「悲歌」 ( 2012)と5曲目のハープ、 箜篌、ヴィオラ、笙による「その橋は天へと続く」(2015)です。

「悲歌」 は、単音と短いフレーズから成る音楽。低い音も印象的。なぜか音そのものよりも、その余韻・余白が何かを訴えているかのよう。静かなそしてもの哀しいな響き。雅びな楽想。その時、歌人・佐佐木信綱が詠んだ「ゆく秋の大和の国の薬師寺の塔のうえなるひとひらの雲」という短歌を思い出しました。塔の水煙にある飛天という天女たちは永遠の音楽を奏でていると言われています。なんともタイプトリップをしたような気持ちになりました。解説には、この曲は311大震災後に作られたとありました。余韻が印象に残ったのは津波で犠牲になった方々への声なき声だなのかもしれません。

「その橋は天へと続く」はハープ、 箜篌(くご)、ヴィオラ、笙で演奏される室内楽。箜篌というのは、古代ハープだそうです。佐々木氏が西洋のハープと古代ハープを弾くので、この曲は三重奏ということになります。ハープが歌い、ヴィオラがオブリガート的、笙が通奏低音的に重ね合わされた音楽。この音楽も時代を遡及するようなイメージ。西洋の楽器と日本の伝統的な楽器で風雅な響きを作っています。ふと、私はドビュッシーの「フルート、ヴィオラ、ハープのためのソナタ」に似た響きを発見しました。後日、CDのお礼を兼ねてこの話をメールに書いたら、ドビュッシーの作品ならびに同じ楽器構成の武満徹作曲「そして、それが風であると知った」も意識されたとお返事がありました。そしてフルートの代わりに笙をつかったそうです。解説には、2015年の琳派400年記念を記念して、一柳慧氏から依頼されて作曲したとありました。尾形光琳の「八橋図屏風」から触発されて、3つの楽器で金地、橋、燕子花を表現したともありました。解説書の裏に、光琳の絵画の一部があったのはそのためだったのですねw。

7886422_2257494636_48large.jpg

私は佐々木氏のCDを聴きすすめながら、私が名古屋に勤務していた時に懇意にしていた画商から買ったベン・シャーンの「キタラを弾く男」というリトグラフのことも思い出しました。この男はおそらくヘブライ人でしょう。大きい作品なので仕舞いこんでしまい、最近出していません。下部に置かれたワインの瓶と比べてたらその大きさが想像がつくと思います。この画像はだいぶ前に撮ったもの。ベン・シャーンの線のような力強さが佐々木氏のハープからも感じられすね。シャーンの作品の特徴として「手」の表現が有名です。長い指が縦横無尽に弦を弾いています。この男性は虚ろな目で天を仰ぎながら竪琴をポロン・ポロンと弾いています。そこから立ち上がるメロディは、おそらくもの哀しいものじゃないでしょうか。実際、このCD全体には哀感があふれていました。実際に解説書には、311大震災以降、佐々木氏の音楽の本質が変わってしまったという意識、自分が視力を失ってしまいハープが弾けなくなるかもしれないという不安、病気との闘い、そういった葛藤の中で、これらの音楽をつくってきたことが記されていました。私が第一印象で持った哀感とは、まさにそれだったのだと気づきました。佐々木氏のご健康とますますのご活躍をお祈りしています。

7886422_2257494638_10large.jpg



佐々木冬彦作曲集「愛について」
1「悲歌」 (for harp 2012)
2「光の道」 (for harp 2016)
3「哀歌」 (for violin and harp 2011)
4「愛について」 (for violin and harp 2014)
5「その橋は天へと続く」 (for sho, viola, harp and kugo 2015)

佐々木冬彦(ハープ 1-5 & 箜篌 5)
宮野陽子(ヴァイオリン 3-4)
市坪俊彦(ヴィオラ 5)
伊藤えり(笙 5)
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する