草間彌生化したイチゴ・サンドの断面

2017.04.26.Wed.21:31
先週、上京した時に四谷三丁目のパーラーで食べた
フルーツ・サンドウィッチの断面が美味しかったので、
自分でも似たようなものが作りたいと思っていました。

7886422_2251083417_126large.jpg
7886422_2251083418_217large.jpg


とりあえず試作1回目なので、
今が旬のイチゴ・サンドウィッチで試作。

問題なのは、いままでに作ったことがないホイップ・クリームです。
生クリームを氷水で冷やしながら泡立て器で撹拌するのは大変です。
しかし私は、なぜか電動撹拌機を持っているのです。
ブルターニュ風オムレツを作るためにはメレンゲが必要なので
楽をしようと電気撹拌機を買ってしまったのです。
だからこれがあればホイップ・クリームも容易にれます。

もうひとつ、困ったことは
イチゴの断面が露わになる時、
その断面でもっとも効果的に見せるためには、
パンの上にどうイチゴを配置するかでした。
とりあえずイチゴの断面が丸くなる方向で見せると決めました。
それで、最終的にはこうなりました。
草間彌生のコワイ水玉模様の世界に似てるかも…w。

このイチゴ・サンド、私は一切れで十分でしたが、
母や妹が喜んで食べてくれましたw。

DSCF5375st.jpg
DSCF5378st.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する