稀勢の里のカップ麺

2017.02.16.Thu.19:37
3週間ほど前、稀勢の里が初場所で優勝し、横綱昇進。
彼の出身地である茨城県牛久市の盛り上がりも報道されました。
先週末、県民栄誉賞の受賞式やトークショーのために
稀勢の里が水戸へ来ていた様子が県内ニュースで流れていました。
私の地元の力士なので、19年ぶりの日本人横綱が茨城県人なのはちょっと誇らしい。

先日、近所のスーパーで、「稀勢の里カップ麺」が売られているのを発見。
県南の方では買えたようですが、日立にこの商品が並ぶまで3週間もかかりましたw。
私、カップ麺は滅多に食べませんが「いつか食べるだろう…」と、2個買って帰りました。
ちなみに、醤油ちゃんこ味と塩ちゃんこ味の2種類。

そんな時、また風邪を引きました。
今回もノドからきました。
体調が悪いと何もする気が起きません。
食事もカップ麺で済ませたいと思うのもやむ無し。
今日のお昼は、「いつか食べよう」と思っていた稀勢の里のカップ麺を
まさか3日後に食べることになるとは思わなかったw。

醤油と塩、どっち?と問われるなら
躊躇なく塩を選びます。

お湯を沸かす時、鍋にネギとキャベツを入れて温野菜を追加。
そして生姜を少しすりおろしてみました。そしてゆで卵も。
食べる直前には、ちょっと質のよいラー油をたらしました。
カップ麺を少しカスタマイズです。

お味はまあまあかな。
メーカーの担当者が田子ノ浦部屋に通い、
相撲部屋風の味付けを研究してつくった商品らしいです。
たしかに出汁に、鶏と野菜の旨味が利いていましたが、
全体的には普通の塩ラーメンとそれほどちがっていませんでした。

しかし風邪の時など、こういうカップ麺は
手間がかからないのでありがたいです。
稀勢の里効果でパワーアップできればなお良しw。

DSCF4459k.jpg
DSCF4465k.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する