リオ五輪|私の印象的だったシーン

2016.08.22.Mon.22:38
今回のリオ五輪の開催期間、出張や業務が集中してしまい、
実はリアルタイムでよく見られなかったことが残念でした。
しかしながら、さきほど五輪総集編をみながら
印象的だったことを思い出してみました。

①陸上男子400mリレーで銀メダル
②吉田チルドレンたちが金メダル
③体操男子団体悲願の金メダル
④男子サッカー、手倉森JAPAN惨敗

①は土曜の午前、リアルタイムで見れました。
陸上トラック競技でわが国がメダルをとるというのは快挙です。
100mを10秒切れない4人で出したタイムが37秒60。
知略と信頼と勇気のメダルだったと思います。

②ですが、吉田沙保里選手は惜しくも五輪V4を逃しましたが、
彼女の背中をみて育った若い選手たちが金メダルを獲得。
「一粒の麦もし地に落ちて死なずば、
ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし」
という言葉を思い出します。

③では、ニッポンの美しい体操が
大逆転で金メダルをとったことに心から感動しました。

④は、唯一、残念だったことです。
五輪直前にオーバーエイジ枠で選ばれた選手の誤算や
ナイジェリア戦の守備の崩壊などで
手倉森JAPANは予選で敗退となってしまいました。
不甲斐ない戦いぶりに激オコでした。
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する