映画『シン・ゴジラ』をみてきた!

2016.08.02.Tue.22:44
「ゴジラ世代」「ウルトラ世代」に属する私、
12年ぶりに製作されたゴジラ映画をはやく見たかったのですが、
週末に連日の出張が入ってしまい、やっと月曜の夜に見てきました。
運良くファースト・デイだったので1,100円で入場。

この新作ゴジラ映画の総監督がSFアニメ『エヴァンゲリオン』の庵野秀明、
ゴジラそのものがはじめてフルCGで作られた特撮ということだったので、
かなりテイストが異なる映画になる予感がありましたが、
まさにいままでにない新しい様式感とテンポ感に仕上がっていました。
しかも、ゴジラは映画の中で変態と進化を繰り返し、
その姿を4度も変えるという新解釈もありました。
ゴジラのCG映像もよく出来ていました。

感想をひところで言うなら
311大震災の残像を思い出させる映画だったということです。
ゴジラは大震源であり、かつ動く炉心として描かれていたし、
ゴジラが歩んだ跡は、津波に襲われて壊滅した街の姿そのもののように見せていた。
政府のゴジラの初期対応はお粗末で、311当時の内閣を思い出したり…。
この映画では、わが国に有事が起こった時、
今の日本は国民の生命や財産をほんとうに守れますか?
というメッセージが付いていたように感じました。

細かいところで思ったことは、
①ゴジラを漢字で書くと“呉爾羅”であることを、はじめて知った。
②厚化粧の女性防衛大臣は、日曜に当選した新都知事のようだった。
③米国大統領特使を演じた石原さとみは明らかにミスキャスト。
 その他の性格系俳優陣は、まあまあ自分の持ち味を出していた。
④全体的に役者のセリフの読みが早く、堅い用語が多かった。

わが家には高さ36㎝の
やや大きめのゴジラのフィギュアがあります。
これを使って、ゴジラのイメージ画像をつくってみました。
ゴジラの尻尾を左手で持って、右手にデジカメ。
シーリングライトに向かって撮ったゴジラの姿を
ちょっと画像処理したものです。
背景は薄鼠色にペーストしました。

IMG_3070b.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する