七夕にあうクラシック音楽を考えてみる。

2016.07.07.Thu.22:38
今夜は7月7日の七夕です。
残念ながら、日立市の夜空は曇っていて星がまったく見えません。
クラシック音楽好きの私、七夕にあう曲がないか考えてみました。
曲選びには、以下のような基準を設けました。

①夜空を見上げるので星や宇宙を感じる音楽
②織姫と彦星の近づけない恋人同士をイメージする音楽(特に表題)
③天の川にちなみ、「川」をイメージする音楽


①夜空を見上げるので星や宇宙を感じる音楽

・ホルストの組曲「惑星」
・マーラーの交響曲第7番「夜の歌」
・モーツァルトの「きらきら星変奏曲」
・モーツァルトの歌劇「魔笛」の夜の女王のアリア
・吉松隆の「プレイアデス舞曲」
・シェーンベルクの「浄められた夜」
・プッチーニの歌劇「トスカ」の“星は光りぬ”
・ワーグナーの歌劇「タンホイザー」の“夕星の歌”
・「月光ソナタ」「月の光」「月に寄せて」など月系の音楽


②織姫と彦星の近づけない恋人同士をイメージする音楽(特に表題)

・プロコフィエフやチャイコフスキーの「ロミオとジュリエット」
・グルックの「オルフェオとエウリディーチェ」
・フォーレの「ペレアスとメリザンド」
・ドビュッシーやフォーレの「ペレアスとメリザンド」
・サン・サーンスの「サムソンとデリラ」
・リムスキー=コルサコフ「シェヘラザード」第3楽章”若き王子と王女”???
・ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」???

③天の川にちなみ、「川」をイメージする音楽
・ワーグナーの「ラインの黄金」
・シューマンの交響曲第3番「ライン」
・スメタナの「モルダウ」
・J.シュトラウス2世の「美しき青きドナウ」
・グローフェの組曲「ミシシッピ川」

ほかになにか良いアイデアがあったらご教示ください。

いろいろ挙げてみましたが、
私が独断と偏見で最終的にベストと思ったのは
テオドール・ド・バンヴィル作詞、クロード・ドビュッシー作曲の
フランス歌曲「星の輝く夜」です。

ロマンティックなメロディ。
星空の下で昔の恋を思い出す情景が
上記の①と②を満たしているような気がします。

下の動画はその「星の輝く夜」です。
実は2009年に私が投稿したものです。
よろしければどーぞ。

https://www.youtube.com/watch?v=cg_hIYDCq3Y

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する