阪急電車の切手

2016.06.15.Wed.23:47
IMG_2610hk.jpg

私、仕事がら封書を受け取ることは少なくないのですが、
気が利いた差出人は、いつも普通切手じゃなく、
ステキな記念切手を貼ってくれます。

先月、受領した封書には電車の切手が貼ってありました。
よく見ると阪急電車6300系と記されています。
私、「鉄オタ」ではありませんが、
阪急電車のデザインがとても好きなのです。

開口部がシルバー色の枠がやや太めですが、
そのプロポーションと太さが絶妙ですね。
窓というより、むしろモダンな額縁に見えます。
おそらく車体と窓などの比率を絵画の構図のように分析すれば、
黄金比などよい値が使われていることが分かるでしょうね。

それと「阪急マルーン」と呼ばれる色もキレイです。
wikiによると、マルーンは栗(マロン)を語源とする茶色のようですが、
実物は小豆色あるいは臙脂に近いように見えます。

最近、近未来的な電車が増えている中で、
阪急電車は、一見すると普通のデザインのようですが、
上品で趣きがある端正なデザインです。
何も足さない、何も引かない感じ。
残念ながら関東では
阪急電車のように、私の琴線に触れるような電車を
あまり目にすることができませんね。

昨年の秋、関西へ出張した時、
阪急電車の姿を記念に撮ってきました。
非鉄系の私にとっては異例です。
それと、この梅田駅のホームが終着駅スタイルでイイ感じです。
関西へ行くと、JRや京阪や阪神じゃなくて、阪急に乗りたくなります。

IMG_0517hk.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する