アンネのバラ

2016.06.08.Wed.00:01
今日、出先で「アンネのバラ」をみました。
これは『アンネの日記』で有名なアンネ・フランクの形見の花。
彼女の父親オットー・フランクから日本に贈られた苗木が
日本中に広まっているそうです。

このバラの色は、
蕾が真紅、そして花びらが黄色に変わり、散り際のピンク。
3つの色が楽しめるそうです。

それらの色を、愛好家の方々は
アンネの情熱(真紅)、彼女の優しさ(黄色)、平和への願い(ピンク)とし、
愛と平和のシンボルと思っているようですね。

私、手元のガラケーで
なんとか黄色からピンク色にかわりつつある
名残のバラを撮りました。

2016060712290000rose.jpg


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する