「シン・ゴジラ」見たい!

2016.05.20.Fri.19:10
来夏、新しいゴジラ映画が公開されるようです。
こういう映画は劇場で楽しみたいですね。

「シン・ゴジラ」のシンとは、
新、真、神などの意味であるとwikiには書いてありましたが、
私は「震」のニュアンスも含まれているように思えます。
予告編にあった破壊された街が
石巻や女川などで見てきた東日本大震災の被害地の姿と
どうしてもかぶって見えてくるからです。

ちなみにわが家のゴジラは元気です。
私が社会人になった時に買った高さ36センチのゴジラ。
私が唯一、持っているフィギュアです。
これは数年前に撮った
私の大事なCDラックを破壊しようとするゴジラです。

7886422_2088055088_129largegzl.jpg



初代ゴジラは1954年生まれ。
その10年後に生まれた私はゴジラ第二世代あたりでしょうか。

1954年に「ゴジラ」が公開された時、
戦後の焼け野原になった街の風景を思い起こさせたり、
ビキニ環礁の核実験による第五福竜丸の被爆が社会問題になったり、
ゴジラを葬るために殉死する科学者の自己犠牲の精神がみられたり、
戦後の社会状況と日本人の琴線に触れるドラマ仕立てになっていた
と私は思います。

1984年ごろ、ゴジラのリメーク版がつくられた時は大学生でした。、
当時、できたばかりの有楽町マリオンへ見に行きました。
昔のゴジラでは同じ場所にあった日劇を破壊するシーンがありましたが、
その映画では有楽町マリオンを破壊していましたね。
「シン・ゴジラ」で狙われるのは森タワーかスカイツリーあたりでしょうか?
ゴジラは世相が反映されるので、
そのあたりも映画でどう描かれるのか楽しみです。

https://www.youtube.com/watch?v=ysRIwlEBjuw


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する