勝っても内容が悪い鹿島

2016.05.15.Sun.23:35
IMG_2540kama.jpg

昨夜(5/14)は、強風で肌寒い中、
カシマスタジアムでナイトゲームを観戦。
鹿島アントラーズは横浜Fマリノスに1-0で勝利しましたが、
内容的には不満な試合でした。

前半9分に先制してからは防戦一方。
4試合ほど勝利がない横浜の猛攻をギリギリで防ぐ展開。
DFとGKの奮闘でなんとか勝利した試合でした。
(昔は1点差でも安心して見ていられる余裕があったものです。)

この試合で良かったことと言えば、
・初スタメンの攻撃的MFで20歳の杉本がそれなりに機能していたこと。
・懸案だったセットプレイからの得点ができたこと。
・J史上初のホーム通算250勝を達成できたこと。

私の不満点は以下の通り。
・守備は頑張っているが、得点力不足。
・石井監督の選手交代の意図が不明。
 守り切るのか、追加点を狙うのかよく分からない。
・攻撃の時のクロスを上げるタイミングが遅い。
・柴崎のフリーキックの精度がよくない。

また心配点として
・主力選手にけが人が続出。
・トゥーロン国際大会のためU23代表が2人も抜かれる。特に植田は痛い。

年間王者を決めるための
チャンピオンシップに出場するためには
1stあるいは2ndステージの優勝、またはある程度の勝点が必要となります。
たしかに目先の勝利も大事ですが、
年間通じての戦い方にビジョンがあれば
多少、問題があっても安心して見ていられるのです。
今の鹿島を見ていると、そこそこ勝ってはいるけれど
それが自転車操業にしか見えないところがツライところです。

この動画は、私が投稿した金崎選手の決勝点のシーンです。
私のポジショニングがクールでしょ。
自画自賛w。

https://www.youtube.com/watch?v=uqhYRE67J7Y




スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する