ルパン三世とバッハ

2016.04.04.Mon.12:52
今朝、FMでクラシック番組を聴いていたら、ある発見をしました。
流れてきた音楽は、ヨハン・セバスチャン・バッハ作曲のオルガン曲で、

「パストラーレ ヘ長調 BWV590」。

あまり聞き慣れない曲です。
パストラーレという名前なので、
ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」を想像してしまいますが、
音楽的な内容は厳かさなものです。

私、朝刊を読みながら、なにげなく聴いていました。
曲の途中、どこかで聴いたことがあるようなメロディに気が付きました。

これは紛れもなく映画「ルパン三世 カリオストロの城」における
カリオストロ伯爵とクラリスの婚礼前に流れていた音楽じゃないかと思いました。
私、この映画を何度も見たのでまちがいないと思います。

さっそくyou_tubeで確認しました。
カール・リヒターが演奏している動画の4分38秒ぐらいから
その箇所は始まります。

ルパン三世の音楽といえば、大野雄二氏が作曲した
ジャズっぽいテーマソングが印象的ですが、
まさか「カリオストロの城」でバッハが使われてことに気づくまで
およそ35年ぐらいかかってしまいましたw。

ちなみに「パストラーレ」という言葉は
バッハの時代は「キリストの生誕を祝う音楽」という意味だったそうです。

下の動画をみて思ったのですが、
一般的には聴衆に向かってオルガン奏者は背中を向けて演奏するのが普通ですが、
この動画では側面を見せて弾いているというのがおもしろいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=e65ZWrncoCI

スポンサーサイト
コメント
「へえ」でした
こんにちは。
「きらクラ!」ですね。
私も聴いてました。
「カリオストロの城」にバッハが使われていたとは知りませんでした~。
re:カリオストロの城
木曽のあばら屋さん

はじめまして。
メッセージ、ありがとうございます。
バッハを長く聴いていましたが、
なかなかルパンとリンクせず
ぜんぜん気が付きませんでした。
「きらクラ!」は大好きな番組です。
でも投稿したことはありませんw。

管理者にだけ表示を許可する