下町のカジュアル・フレンチ「Q」

2016.02.22.Mon.22:07
下町のカジュアルなフレンチ「Q」
先日、上京した時のランチは
上野駅近くのカジュアルなフレンチをいただきました。
新しいお店のようです。
店内はオープンキッチンになっていて、
シェフやスタッフが料理をする姿も楽しめます。

①ハマグリのクリームスープ
桃の節句が近いからハマグリなのでしょうか?
私は貝類が大好きなので、テンションが上がります。
貝殻そのものが器の蓋になっていて、その中には
絶妙に火入れされたハマグリは納まっています。
その下にはハマグリの出汁が利いたクリームスープ。
フェンネルの香りも利いていました。

fIMG_1262.jpg


②サーモンと有機野菜のサラダ
遠目から、シェフが絵を描くように
サラダの盛りつけをしているところが見えました。
お皿の余白を意識した抽象画のようなサラダ。
ドレッシングは最低限にされていて
野菜の美味しさが際立っていました。

fIMG_1263.jpg


③アイナメのナージュ風
アイナメが絶妙な加減で蒸し上げられ、
それがオニオン・スープの中で泳いでいるようなので
私がナージュ風と名付けました。
アイナメの上にはサワーソース。
お皿の上のビーツの紫色は飾りだけかと思っていたら
オニオンスープの下の層にはビーツのスープが隠れていまいした。
表からは見えませんでした。
ちょっとしたサプライズ感。

fIMG_1267.jpg


④鶏ムネ肉、ハム、チーズのコルドン・ブルー
ハムとチーズを薄いお肉で巻いて
フライにした料理をコルドン・ブルーと言います。
断面フェチの私は大喜び。断面萌えです。
このお店のシェフは、全般的に
食材を加熱をし過ぎないようにしているようです。
だから素材がかたくならないのでしょう。

fIMG_1273.jpg

④ヘーゼルナッツのアイス&リンゴとカスタードのタルト風
冷たいものとそうじゃないものがあると、
溶けないうちに冷たい方を食べますよね。
ナッツ系のものが好きな私は
最初にヘーゼルナッツのアイスをいただくのは言うまでもないです。
ナッツのコクがしっかりあって美味しかったです。
タルトの上のリンゴはコンポート風でした。
タルトの前のソースは、リンゴ果汁を煮詰めたもの。
ほんのりとした苦味が、このデザートを大人向けにしていますね。

fIMG_1275.jpg
fIMG_1277.jpg



これだけ食べて3,000円+消費税は安いかも。
上野はあまり好きな飲食店はなかったのですが、
イイお店を見つけました。
テーブルはほぼ埋まっていましたが、
予約なしで入れてラッキーでした(^_^)v
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する