カスレ風パスタを食べながら…

2015.12.30.Wed.17:48
先日、白いんげん豆をたくさんいただいたので、
どう料理しようか考えていましたが、
カスレ(cassoulet)という白いんげん豆の煮込みをつくってみました。
これはフランス南西部の料理です。
フランスを外遊した時、
お肉と白インゲンマメのシチューのようなものを食べた記憶があります。
おそらく、それがカスレだったのでしょう。
検索すれば、手に入りやすい日本の食材でつくる
カスレのレシピはいろいろ見つかります。

私がつくったカスレは、
白いんげん豆、ソーセージ、豚肉、ズッキーニ、玉ねぎなどを
カットトマトで煮込んだので
どことなくイタリア風の料理になってしまいました。
しかし庭に売るほど自生しているローズマリーなどのハーブで香りをつけ、
香味野菜をたっぷり使うと
どことなく欧州風の家庭料理っぽくなりますねw。

frIMG_0183.jpg

こういう料理はいろいろと応用がききます。
リングイネにソースのようにかけてみると
パスタ料理にもなります。
上手に美味しくできたと自画自賛。

frIMG_0190.jpg

本場のカスレとは全くちがいますが、
フランス風のものを自作して食べられたことに満足。
私は子どものころ、
フランスやイタリアに強いあこがれを持っていました。
この歳になっても、フランス風のものをそれなりに作れると嬉しいw。
オムレツは、いつもフレンチ風です。

進学のため東京へ出たころ、
名画座で1950~70年代の欧州の映画をよく見に行きました。
特にフランスのヌーベルバーグのころの映画が好きでしたね。
これまでの映画の作り方とはことなる手法で撮影されたらしく
スリリングでかっこいいと思いました。
だから、
まっさきに外遊に選んだのもフランスとイタリアでした。
映画でみた風景を現地でみた時は感激しましたよ。

今年起きた重大な事件に「パリ同時多発テロ」が挙げられます。
次節がら、旅をすることを自制する方が多いように思えます。
はやく安心して旅ができるようになればと思います。

ヌーベルバーグのころの
いちばん好きなのはゴダールの「勝手にしやがれ」
fr54d414c7922c9.jpg

「死刑台のエレベーター」は
マイルスの即興演奏した音楽と映像の調和が見事でした。
ジャンヌ・モローは今でもファンですw。
fr1229.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する