メンズキッチンdeイタリアン

2015.11.27.Fri.17:17
先日、男子だけの料理教室に参加しました。
料理を習うなんて超ひさしぶりです。

講師は、指揮者の大浦智弘さん。
夏のひたち野外オペラで「マクベス」を指揮されました。
彼は学生時代の中華料理店のアルバイトや
イタリア留学の経験の中で料理が大好きになったそうです。

ブラームスのワルツOp.39-15 、交響曲第1番・2番の一部が
特別参加のピアニストの伊藤亜紀さんと
4手ピアノ版がメンズキッチンの中で演奏されて楽しかった。
私、ブラームスは大好きなんです。

ブラームスが通った「赤いはりねずみ」という
ウィーンのレストランの名前をイタリア風にした
「リッチョ・ロッソ」という架空のレストランを
今日の料理教室に見立てています。

作ったのはイタリア料理のフルコース。
つくりかたは超簡単な家庭料理ですが、
おもてなし感があるものが用意されたそうです。
以下の画像は、私のグループでつくったものです。

カルボナーラは生クリームを使わないレシピでした。、
ソースとパスタの絡め方が絶妙で
とてもおいしくできました。

サルティンボッカって
「口に飛び込む」という意味だそうです。
はじめて知った!w。

【前 菜】カプレーゼ&バーニャ・カウダ
【プリモ・ピアット】スパゲッティ・カルボナーラ
【セコンド・ピアット】サルティンボッカ
【ドルチェ】ジェラート・アッフォガート・リッチョ・ロッソ風

IMG_0307it.jpg
IMG_0311it.jpg
IMG_0317it.jpg
IMG_0322it.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する