大阪音大の「ファルスタッフ」

2015.10.31.Sat.00:18


今夜、大阪音楽大学の
カレッジオペラハウスで
創立100周年記念公演
ヴェルディ作曲、
歌劇「ファルスタッフ」を
みてきました。

私の予想を越えた
すばらしい公演で
正直、驚きました。

下野竜也の指揮は
きびきびしていて
音楽の推進力や流れを
良く作っていた。

また独唱陣は
傑出した歌手がいなけても
チームワークですばらしい
アンサンブルを奏でていた。

やや小さめの劇場は
残響が短いので
言葉が明瞭に聞き取れた。
歌手の表情もよく見えた。

演出もよく工夫されていたし
笑いのツボも
よく押さえられていた。
時節柄、
第三幕の終盤は
ハロウィーンを意識した
演出になっていた。

オペラに対する
愛情に溢れた
制作者たちに
感謝したい。

お土産に
記念のワインを
もらっちゃた。

【携帯より】
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する