復活よりも、常勝がいい

2015.08.31.Mon.12:56
kaio0831aab.jpg


上の画像は
鹿友のNさんの画像をお借りしました。
カイオ、かっこいい!
名前を「鹿偉王」に変えなさいw

ファーストステージがボロボロだった鹿島が
セカンドステージは見事に復活してきました。
トニーニョ・セレーゾ監督解任後、
石井新監督のもとで見事な6連勝。
ただの監督交代劇ではなく、
「覚悟」が感じれれますよ。

ただ勝っているというのではなく、
内容がよくなってきています。
球際の強さ、連動性、流動性、したたかさ、勝負強さが
「昔の鹿島」を彷彿させてくれるものがある。

「復活」という二文字が懐かしい。
10/3はパーヴォ・ヤルヴィ指揮のN響定期で
マーラーの交響曲第2番「復活」を聴きにいきます。
アントラーズの「復活祭」になるかなw。

でも「復活」というのは
浮き沈みがあるということ。
私としては、「常勝」を継続してほしい
というのが願いですw。

8月はいろいろ所用が重なり、
鹿島の試合はすべてスカパー録画でみました。
スタジアムへは一度も行けませんでしたが、
9月は行きますよ!
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する