2分間、一緒にドライブしませんか?

2015.08.27.Thu.19:43
今日、愛車に
ドライブ・レコーダーを付けました。

というのも、6月に道交法が改正され
自転車への罰則が強化されたにも関わらず、
逆走、あるいはスマホ等ナガラ運転するチャリダーが減る兆しがなく、
何かトラブルがあった時に、泣き寝入りをしたくないからです。

先日おきた大阪・寝屋川市の中1男女殺人遺棄事件で
防犯カメラが容疑者逮捕の決め手になったことで
その効果が絶大であることを再認識しました。
これがドライブ・レコーダーを装着する後押しになりました。

私が運転免許をとったのが1985年2月なので今年で30年。
しばらくペーパードライバーの時代が続きましたが、
1992年に仙台に転勤したのを契機に車を購入。
23年間で0事故2違反ですw。

都心とちがって
地方では車がないと不便なことが多いので
当分は乗るつもりです。
安全運転には心がけているつもりですが、
自分は事故を絶対に起こさない〜
という過信がいちばん怖いですね。

カーショップでレコーダーを付けてもらってから
試運転をして、その映像を確認してみました。
実際、事故の様子を記録するということだけでなく、
記録された映像を見ることで
自分がどういう運転しているかよく分かります。
戒めにもなりますね。

さて、いまから私と
2分ほどドライブに出掛けましょう。

ドライブレコーダーで撮った
初めての記録動画。

ここはわが家の裏の山中にできた比較的新しい道路で、
慢性的に渋滞する国道6号線のバイパスの役目を担っています。
通称「山側道路」と言われています。
左には海が広がっていますが、
この動画には残念ながら映ってないw。

時速60キロぐらいで走っていたのに
この動画では、やや早く感じますね。

このレコーダーは映像だけと思っていたら
思いがけず録音もしていたようです。
ハイドンの交響曲第103番「太鼓連打」の第4楽章が
この動画から聴こえてくるのはカーステレオの音声です。
ビックリ!

それほど大きな音で聴いていないのに、
音がよく録られています。
車内で密談したら、
音声も残ってしまうということですね。

ハイドンやモーツァルトの音楽、ボサノヴァなどは
運転中のBGMに向いていると思います。
一方でベートーヴェンやワーグナーを聴くと
気持ちが高揚して
アクセルを踏みがちになってしまうので
スピード出しすぎ要注意の音楽です。

https://www.youtube.com/watch?v=twsbkmNgKko



スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する