ひたち野外オペラ「マクベス」公演

2015.08.20.Thu.20:49
私が住む日立市はオペラによるまちづくりをしています。
昨夏、ひたちオペラ学校のこどもたちによる
歌劇「ヘンゼルとグレーテル」(フンパーディンク作曲)をみましたが、
大人がみても楽しめる水準に仕上がっていて驚きました。

8/22(土)はひたち野外オペラが7年ぶりに開催されます。
演目はヴェルディ作曲の歌劇「マクベス」。
2001年<トゥーランドット>、2005年<カルメン>、
2008年<アイーダ>と比較的有名な作品が
上演されてきましたが、
今年はマニアックな作品が選ばれました。

私が、ひたち野外オペラをみるのは、
今回がはじめてなので楽しみにしています。
実はこの日、鹿島アントラーズの試合へ行く予定でしたが、
滅多にないイベントなので、
今回だけは野外オペラへ行くことにしました。
サッカー観戦用の高倍率の双眼鏡でガン見しようw。

私が野外オペラを見るのは3回目です。
これまでは、
1989年にイタリアのヴェローナの
古代ローマのアリーナでみた「運命の力」、
1997年に札幌でPMFのピクニックオペラでみた
「コシ・ファン・トゥッテ」があります。

「マクベス」の配役等は以下の通りです。

作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ
総合プロデューサー:原田 実能
指揮:大浦 智弘
演出:古川 真紀

マクベス:髙橋 正典(バリトン)
マクベス夫人:小川 里美(ソプラノ)
バンクォー:田中 大揮(バス)
マクダフ:川久保博史(テノール)
マルコム:吉田 連(テノール)
マクベス夫人の侍女:大津香津子(メゾ・ソプラノ)
医師:清水 良一(バス)
マクベスの侍従・刺客・旗手・幻影:高橋 正尚(バス)
魔女:伊藤尚子(ソプラノ)
魔女:鈴木 啓子(ソプラノ)
魔女:岡部 恵美子(ソプラノ)

「マクベス」はお芝居では何度も見てきたので
内容はよく分かっています。
昨年、水戸芸術館で野村萬斎の演出・主演でみました。
しかし、オペラとしてみるのは初めて。
先週、佐川文庫さんでCDでを借りてきました。
マリア・カラスが歌っている1952年のスカラ座ライブ。
今晩、じっくりと聴いてみよう。

下の動画は、2001年8月のひたち野外オペラ公演で
プッチーニの「トゥーランドットです。
リューのアリア「氷のような姫君の心も」
ソプラノは菊地美奈氏。

https://www.youtube.com/watch?v=9DPQa0Syeno


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する