祖父の記憶

2015.08.14.Fri.18:39
祖父の記憶
この音楽は、だいぶ前に私がyou_tubeにupした
武満徹作曲の「波の盆」です。
難しい武満の作品の中にあって、
きわめて美しいメロディに仕上がっています。

https://www.youtube.com/watch?v=assN4do9TSo


お盆ということで、
昨日の昼間、わが家のお墓参りを済ませた後、
父の実家、父方の祖父の実家(本宅)、母の実家を訪ねてきました。

父方の祖父の実家へ行ったのは
お盆であったからというよりも、
もっと楽しい理由があったからです。(後日、記します。)

私が、「エビネンコ家の先祖のこと、全然、知らない」と言うと、
家系のことに詳しいTさんがいろいろ教えてくれました。

どうやら16世紀ごろ佐竹藩系の出のようです。
旧玉川村の村長だった曽祖父が水郡線を敷くために
いろいろ尽力していたようです。
水郡線が敷かれる前の風景写真がありました。

その中で最も私の興味をひいたのは
大正初期の祖父が出征する時の写真。
白い海軍の軍服を着た若い祖父と家族が集合していました。
おそらく第一次世界対戦で
軍艦に乗り込む前じゃないかという話でした。
(デジカメで撮ってきたらよかったな。忘れてしまった。)
父方の祖父は私が6歳のころに他界。
残念ながら祖父の記憶がありません。

父からは、祖父が若い時に
「金剛」という戦艦に乗っていたことがある
という話を訊いたことがありましたが、
昨日、点と点がつながって
線になった思いでした。

下の写真は、
昨年の春に特攻隊員を養成していた筑波海軍航空隊の
旧司令部庁舎の記念館に展示してあった戦艦「金剛」の写真。
お願いして撮られせていただきました。

wikiによると、
戦艦「金剛」は、第一次世界大戦中、
ミッドウェー方面の哨戒任務に就いていたそうです。

7886422_2054563592_246small.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する