50枚CDボックス✕2組

2015.07.29.Wed.22:15
2008年にドイツ・ハルモニア・ムンディ社が
創立50周年を記念してCD50枚組ボックスを販売しました。
このボックスは、
主にバロック&ルネサンス音楽のものが多い内容。
50枚の中には、すでに持っていたCDが数枚ありましたが、
それでも格安なので買ってしまった。
買って7年経っていますが、まだ全部、聴けていません。
半分ぐらいでしょうか。
でもお気に入りのバッハのCDは、何度も聴いています。
たとえば
シギスヴァルト・クイケンらの音楽の捧げ物BWV1079
レオンハルトのゴルドベルク変奏曲BWV988
鈴木秀美の無伴奏チェロ組曲(全曲)など。

このボックスはかなり売れたようです。
二匹目のドジョウねらいで、
第2弾の50枚組ボックス(左)が
先日、発売されました。
奇跡的にかぶっているCDがない。
即決で買ってしまいました。
今回は、中世から近代作品で、
なかなかマニアックな内容になっています。
たとえば、「メサイア」はドイツ語訳のヴァージョン、
古楽じゃない曲目もガット弦を張って演奏されています。

オリジナル楽器によるシュレーダーとインマゼールの
ベートーヴェン|バイオリン・ソナタ(全曲)は、
古いのに新しい響きでよかった。

リスト作曲の
「ボン・ベートーヴェン記念像
除幕式のための祝典カンタータ」、
はじめて聴きましたが、なかなかおもしろい曲でした。
「大公」トリオのメロディが出てきていました。

しかしながら、買って1ヶ月経ってしますが、
まだ10枚程度しか聴けていません(涙)
なぜなら、どんどん別のCDを買ってしまうので、
聴くことが追いつけないのです。

もうCDラックは飽和状態で、
はみ出したCDは床に置かれています。
母は、「大地震が来たら、CDに埋もれそう」と
言っています(苦笑)

50cdIMG_0015.jpg
50cdIMG_0012.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する