銀座の最中の衣替え

2015.07.27.Mon.22:40
私が東京出張する時、
銀座へ寄って老舗和菓子店「K」の最中を
なんとか買って帰りたいといつも思っています。

このお店は、昔ながらの作り方を守っているので
一日につくる分も限られているので、
なかなか買えないことでも有名です。

電話予約をしたいと思っても、
なかなかつながらないし、
つながったとしても、出張の日に限って
予約でいっぱいだったことも少なくありません。

先日、ダメもとで電話した時、
奇跡的に一発で電話がつながり、
かつ、出張の日に見事、予約が出来て
たいへんに幸運でした。

出張の日、
嬉々として、銀座の「K」に
最中を買いに行きました。
そしてビックリ。
包装紙が白地に水色の瓢箪の柄に変わっていました。
とても爽やかな感じ。

kyIMG_0004.jpg

「包装紙、衣替えですか?」と私、訊いてしまった。
「はい、夏向きにしました。」という返答。
考えてみると、夏に「K」に最中を買いに来たのは初めてでしたw。

私が見慣れた包装紙は、
淡いベージュ地に白と薄鼠色の瓢箪というエレガントな感じです。

7886422_1526617154_15large.jpg

帰宅して、さっそくいただきました。
お行儀よく、箱の中に最中が入っています。
断面フェチの私ですから、
断面を観賞することも忘れていません。


kyIMG_0008.jpg
kyIMG_0021.jpg


パリッとした皮、
つぶ餡の練りも完璧さは
断面をみただけで分かります。

食べてみて、おやっと思ったのは
いつもよりも甘さがひかえめのような気がしました。
夏だから、甘さ加減を変えたのか?
包みも夏向きに変えたほどだし…。

私、気になって、
とうとう電話で問い合わせをしてしまいました。
「夏は少し甘さをおさえてつくっているですか?」と問うと、
「作り方は全く変えておりません。
夏なので、そう感じられるのではないでしょうか?」という返答。

なぜ夏にそう感じたのかはよく分かりませんが、
暑さや体調の変化のために、
私の甘さの感度が低かったのもしれませんね。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する