新体制の初陣、鹿島が辛勝

2015.07.26.Sun.12:13
土曜の夜、カシマスタジアムで
鹿島アントラーズの応援をしてきました。

先週、成績不振でセレーゾ監督の電撃解任という激震、
そして石井新監督の初戦という難しい試合でしたが、
なんとか2-1でFC東京に勝ちました。

基本的な戦術は踏襲されていましたが、
スタジアムで見た私の印象は、
①球際の厳しさが増した、
②技術が高い遠藤と中村の同時起用でボールを保持できる時間をつくれるようになった、
③②により、サイドバックの攻撃参加が増えた、
④セットプレイの守備をゾーンからワンマークに変わった、
という点です。

私の希望をいうなら、まだ最終ラインが心配。
ミスが失点になるパターンはまだ解消されていません。
1-0でいいので、守備が盤石で勝てるようになってほしい。

決勝点は、81分にダヴィ選手のスルーパスから
抜け出した土居選手が奪った右CKからでした。
柴崎選手のCKを昌子選手がヘディングシュートでゴール。
下の動画は、私が撮影して投稿したものです。

https://www.youtube.com/watch?v=2CviD1zzOys

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する