夏の高校野球・茨城県決勝で母校の応援

2015.07.24.Fri.23:03
今日は水戸市立球場へ
夏の高校野球の茨城県決勝戦を
はじめて観戦してきました。

なぜなら私の母校の日立一高が
30年ぶりに決勝へ奇跡的に進出したからです。
卒業生として、母校を応援したいと思うのは自然ですよね。
私が応援しに行くと(母校は)負ける確率は高いことは事実ですが、
それを跳ねのけて勝つぐらいじゃないとダメだと思っています。

残念ながら、試合はジンクス通り、
0−2で霞ヶ浦高校に負けました。
霞ヶ浦高校は、ここ8年間で6度目の決勝進出をして
やっと悲願を達成しました。
心からおめでとうと言いたいです。
(最近の茨城県代表は野球に力をいれている
私立高校ばかりなのがちょっと嫌ですけど…。)

30年前の夏、私はもう大学生でしたが、
後輩たちのがんばりのおかげで
甲子園に連れていってもらい、
甲子園で校歌を歌えました。
この夏、日航機が墜落するという
未曾有の事故が同時に起こって
国民の関心はあまり高校野球へ向かない夏でしたが、
私にとっては思い出ぶかい夏でした。

いつか、後輩たちが
私をまた甲子園に連れていってくれることを
待ち望んでいます。
3年生の皆さんは、残りの夏休みは
受験勉強をがんばってくださいw。

下の画像は閉会式にのぞむ
後輩たちです。

IMG_0018hitachi1st.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する