すみだトリフォニーからの葉書

2015.07.23.Thu.12:32
IMG_0002elisso.jpg


さきほど東京のすみだトリフォニー・ホールからの葉書を受領。
来秋(11/21)のエリソ・ヴィルサラーゼ ピアノ・リサイタルの
演目が決まったという内容のものでした。

たしかにチケット販売時は演目未定とありました。
実際、HPも(調整中)という記述のまま。(7/23の12時現在)。
私はヴィルサラーゼのファンなので、
演目に関係なくチケットは購入済み。
できれば、私が嫌いなショパンが
演目に入らなければイイなと思っていました。

しかしながら、トリフォニー・ホールは
葉書という、なんて古風な方法で
このような告知の仕方をしてきたのだろう〜と思いました。
メールやHPでアップしてくれたらそれで十分なのに…。
もしホールの大きさを考えたら
葉書と印刷の代金で10万円は超えるでしょう。
なんというお役所的なお仕事ぶりなの!

まあ、いいように解釈すれば
演目未定の時にチケットを買ってくれた方へ優先して情報を告知して
義理を果たそうとしたとも考えることはできますけどね。

ちなみに演目は以下の通り。
モーツァルト、ベートーヴェン、シューマンといった
私の大好物が並んでいます。
演目をみた感じでは、
モーツァルトがアンティパストの3種盛り、「熱情」がプリモ・ピアット、
「謝肉祭」がセコンド・ピアットといったイタ飯・フルコースのよう。
よいプログラムだと思います。
ネイガウス門下のロシア・ピアニズムを楽しめそうです。

♪モーツァルト:ピアノソナタ第11番
♪モーツァルト:ピアノソナタ第13番
♪モーツァルト:ロンド イ短調
♪ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番「熱情」
♪シューマン:謝肉祭


ちなみに昨年2月のヴィルサラーザのリサイタルの演目は
以下のようなものでした。
前半がドイツ古典派の音楽、
後半のメインが、得意のシューマンという組み立て方は
今年と昨年、同じですね。

♪:モーツァルト:ドゥゼードの「ジュリ」の「リゾンは眠った」による9つの変奏曲 ハ長調 K.264(315d)
♪ブラームス/ピアノ・ソナタ第1番 ハ長調 作品1
♪ハイドン/アンダンテと変奏曲 ヘ短調 Hob.XVII:6
♪シューマン/交響的練習曲 作品13(初版)
 【アンコール】
♪シューマン:『森の情景』より「予言の鳥」
♪シューマン:「献呈」(リスト編)
♪ショパン:『2つのワルツ』より変イ長調「告別」
♪ショパン:「華麗なる大円舞曲
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する