短時間調理主義

2015.06.05.Fri.20:06
IMG_0008ud.jpg


日前、SNSの知人Gさんが
朝のテレビで紹介されたレシピをUPしてくれていました。

「うまみかけうどん」という料理で、
もどした冷凍うどんに梅干し、削り節、ととろ昆布、ちりめんじゃこをのせ
お湯をかけて、しょう油で味付けをするというシンプルなものです。
私はこういう短時間で出来るシンプル料理が大好きです。

私はこのレシピをベースにして
ビビンバ風うまみかけうどんを作ってみた。

うどんは乾麺。
トッピングは、梅干し、削り節、とろろ昆布は同じ。
それに前日つくって余っていた
トルティージャ、タアサイのおひたし、塩サバ、
そしてしょう油の代わりに塩こんぶをのせ、
うすいイリコの出汁を注いて出来上がり。
乾物は本当に便利ですよね。
うどんのゆで時間を除けば5分もかかっていません。
おいしくいただきました。
見た目がビビンバみたいです。

私は、簡単なレシピをもとに
短時間でパッとつくるのが好きなので、
レシピ本も「朝作らないお弁当の手帖」とか「パリジャンのレシピ」、
最近、SNSの知人Mさんに教えてもらった
「100円100品100文字レシピ」のようなものが好きです。

「朝つくらない~」というお弁当用のレシピ本は
暇な時につくっておけば、朝バタバタの時にすぐに食べられて、
多少、保存がきくものが紹介されているので、
私には重宝しています。

私が前日、つくったトルティージャ(スペイン風オムレツ)は
40分ぐらいかかってしまいましたが、
上野万梨子訳の「パリジャンのルセット」で紹介されている
じゃがいものオムレツ(オムレット・パルマンティエ)だったら
10分ぐらいでつくれちゃいます。
ちなみにこの本によると
キレイな紡錘形のオムレツは、パリ風ではないそうです。
だから、オムレツづくりが苦手な方がつくる
無造作に折りたたんだオムレツはパリ風ということでしょうか…w。

IMG_0020ud.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する