私の名による音型「E♭-E-B♭-E」

2015.05.10.Sun.13:11
昨夜、FMラジオで聴いた
片山杜秀氏の「クラシックの迷宮」は
なかなか興味ふかい“bach音型特集”でした。

bach音型というのは
ヨハン・セバスチャン・バッハの名前BACHを
「変ロ-イ-ハ-ロ」つまり
「B♭-A-C-H」の4音に置き換えたもの。
この音型をつかって、さまざまな曲が作られています。
バッハ自身による「フーガの技法」の例だけでなく、
リスト、シューマン、プーランクの
「バッハの名による主題」の作品が
番組でながされました。

しかしながら、バッハの名前ってうまくできていますね。
4つの文字BACHが音になっていて、さすが「音楽の父」。
4音なので、四拍子によくフィットするし…。

バッハと同じようなことをしたのが
ドミトリー・ショスタコーヴィッチです。
それが、DSCH音型。

彼の姓名の頭文字が、D. Sch. と綴られることから
D-Es-C-Hの4音による音型になります。
ヴァイオリン協奏曲第1番、交響曲第10番、
弦楽四重奏曲第8番などにこの音型が出てきます。
E♭のドイツ語音名がEs(エス)なので、
Sが使えると音型をつくる幅が広がります。

バッハやショスタコーヴィッチは自分の音型によって
自分の作品に署名をしていたことになります。

調べてみると「名前文字主題(モチーフ)」は
いろいろあるようです。
F, E♭, C, B natural
フランツ・シューベルト(F, SCHubert)

E♭, C, B natural, B♭, E, G
アルノルト・シェーンベルク (Schönberg)

B, E, B, A または B, A, B, E
ベラ・バルトーク(Bela Bartok)

そう考えると、私自身の名前の音型もつくれそうです。
私の場合、S.EBINE なのでS→E♭とすると、
E♭-E-B♭-(IN)-E となるので、

E♭-E-B♭-E 

という4音の列と考えることができます。
私の仕事がら、構想したことは実践してみたくなりますw。
ネットで任意に音が出せるサイトをさがしてみました。
半音階を駆使した現代的な音階じゃないですか!
誰かこの音列で曲をつくってくれないかなぁ。
「エビネンコの主題による幻想曲」を募集します!

音を出して動画にして投稿しました。
バッハ、ショスタコーヴィチ、私の音型を順に弾きました。
カーソルで音を出すのは難しいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=-2Ujt54igUI&feature=youtu.be



スポンサーサイト
コメント
なるほど…
なかなか興味深い話ですね。(・・;) エビネンコさんの音型、いい感じですね。(^ω^) 私は、商売柄、見た音が聴こえる体質なので、早事はきくのですが、悲しいかな、作曲の才能が全く無いので、残念です。( ̄ロ ̄;)
re:なるほど…
ポテト姫さん


ポテト姫さんの音階、
なんとか考えてみました。
H-S-AをH-E♭-Aと読み替えて
シ・ミ♭・ラはどうでしょうか?

管理者にだけ表示を許可する