「聖プラクセディス」を見る

2015.04.18.Sat.11:38
moblog_2ed96953.jpg



今日は土曜ですが
東京出張です。
午前中、上野の
西洋美術館にきました。

目的は
フェルメールが
模写したかもしれないと
考えられている
「聖プラクセディス」
を見るためです。

今、美術館では
フェルメールに帰属~
というかたちで
展示されています、

私は美術の専門家ではないので
詳しいことは研究者に任せてよいと思います。
フェルメールの真作なら
イイネ!とも思います。

私見ですが
これまで私が見てきた
フェルメールの真作とは
空気感がちがう気がしました。

作風や技術が変わっても
通奏低音のように流れる
作者の気配が
あまり感じられなかったからです。
これは私の直感ですけどね(^ω^)

左の作品は
フェルメールに帰属と
されている
右を模写した寄託作品。

右はイタリアの画家
ヒィケレッリが描いた
オリジナルの
「聖プラクセディス」。

【携帯より】
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する