山を見るのは好きですか?

2015.04.15.Wed.23:59
カカボラジ

先週の土曜日にみたテレビ番組「幻の山、カカボラジ」は見応えがありました。
ミャンマーの秘境にあるので「幻の山」と言われていました。
そこへ日本の登山家3人が挑戦するというもの。
亜熱帯のジャングルの奧に氷の山が天を突いてそびえている標高5881メートルの山。
正面と側面ではまったく表情がちがう山でした。
登山家たちは「カッコイイ」と言っていました。
結局、彼らは条件が整わず、ピークへは到達できませんでした。
しかし、陸上競技の選手たちは
世界でいちばん早く走り、いちばん高く飛ぼうとするのと同じように
登山家や冒険家は誰も行ったことがない地へ行きたい
と思う気持ちは理解できます。

でも私の場合
山は登るよりも
全貌を眺める方が好きです。

02100005.jpg



私がこれまで実際に見た山で
いちばん美しいと思ったのは
2004年秋のネパール外遊時、
ポカラでみたこのマチャプチャレです。
「魚の尾」のという意味の山です。
山頂のかたちがカッコイイ。
この画像はアンナプルナ山系を
プラプラとトレッキングした時に撮りました。


kairasu.jpg


そして、いつか見に行きたいのが
チベット自治区にあるカイラス。標高6,656メートル。
サンスクリット語で水晶を意味するそうです。
ここも信仰の山なので、登ることができません。
その姿は、確かに聖なる山とう感じがします。

公共交通手段がほとんどなく、
入境許可証の入手も困難であることから
世界のバックパッカーにとっても聖地になってますね。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する