アボカド鶏メンチを再現(井之頭ゴローごっこ)

2015.03.23.Mon.23:54
先週の東京出張の行き先が根津だったので、
打ち合わせの後の自由時間は上野・入谷・鶯谷で過ごしていまいsた。
ちょうどこのエリアには夜食テロ番組『孤独のグルメ』で紹介された店が点在しています。
ランチタイムは、入谷の純喫茶Dでグラパンというものを食べて満足。
そして夕方は、鶯谷の居酒屋Tでも、お目当てのものが食べられて満足。
その後は、東京都交響楽団の定期演奏会でブルックナーの交響曲第4番の演奏に満足。
満足の三連☆でした。
鶯谷の居酒屋Tのことはまだ日記にしていませんでしたね。

井之頭ゴローごっこはこれまで、
人形町の黒天丼、小竹向原のローストポークのサンドウェッチなど
失敗続きでしたが、この日は一日に2軒行けて超ラッキーでした。

この居酒屋Tは、女性のひとり歩きは止めたほうがよさそうな界隈にあります。
ウナギの寝床のように細長い店内にカウンターが並んでいて、
すでに数人のサラリーマンたちが楽しそうに飲んでいました。
私は吸い込まれるように、空いている椅子に案内されました。

メニュー以外に、「孤独のグルメで井之頭ゴローが食べたもの」と書かれた
手書きのメニュが壁に貼られていました。
放送直後、番組をみた人が殺到ことは容易に想像できます。
私がいちばん食べたかったものは、アボカド鶏メンチです。

それ以外は適当に注文しました。
・キャベツ
・名物鶏焼き
・名物厚切りハムカツ
・名物チューリップ唐揚げ

IMG_0029aa.jpg

IMG_0035aa.jpg

IMG_0031aa.jpg

IMG_0033aa.jpg


チープ感、B級グルメ感がたまりません。
でも、それなりに美味い。
自分でも作れそうなものばかりですが、
こういう店で食べるから美味いのだ!

私のお目当てのアボカド鶏メンチは
揚げるのに少々、時間がかかっているらしい。
10分ぐらい経って、運ばれてきたアボカド鶏メンチは
卵状のかたちになっていました。

まず私は箸で慎重に切って、断面を鑑賞しました。
アボカドとメンチの部分の対比がなかなかキレイ。
アオカドは皮がついたまま揚げられていて、
「スプーンですくいとるように食べてください」と言われました。
アボカドのホクホク感とメンチのジューシーさが
なかなかのマリアージュです。
そしてアボカドと肉の共通した味覚は、コクでしょうね。

IMG_0043aa.jpg

断面フェチの私、この料理を自宅で再現してみたくなり、
今夜、作ってみました。
普段、私は揚げ物は作りませんが、これだけは特別です。
超・簡単でした。

アボカドはかためのものが良いでしょう。
加熱すると柔らかくなりますからね。
鶏メンチの味付けは、クックパッドでいろいろなレシピをみながら
できるだけシンプルな方法を採用しました。

アボカドの種の位置にミンチが来るので、
卵の黄身まで火を入れるイメージで揚げました。
出来上がりの断面はこんな感じ。
ミンチが多かったので、少々、時間をかけました。
味は、東京で食べたものと
だいたい同じだったので満足。
これを応用したらいろいろな料理のアイデアが湧いてきます。

母には「色がキレイ」と言われて、
さらに満足しました。
再現料理はおもしろいです。

IMG_0003aa.jpg

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する