2015年のJ1リーグを展望する

2015.03.06.Fri.09:44
明日から2015年のJリーグが開幕します。
Jリーグ側は観客動員の減少を理由に、
今季から2ステージ制が復活し、変則的なプレイオフが導入。
真の年間チャンピオンの意義について、
今回の制度改悪に関して、私を含め異論がある方も多いと思います。
しかし決まってしまったので仕方がないですね。
将来、1ステージ制に戻ることを熱望しています。

ということで、順位予想はしにくいので
年間勝ち点の数を以下のような
5つの層に分けて予想してみました。

・ACLグループ(1~3位)
・ダークホースグループ(4~7位)
・中位力グループ(8~11位)
・残留争いグループ(12~15位)
・降格グループ(16~18位)

・ACLグループ(1~3位)
鹿島(若手の台頭で第3期黄金時代へ突入するシーズン。若いセンターバックが心配)
G大阪(昨年の戦力維持から遠藤のコンディションを引いた戦力か?)
浦和(あいかわらずの金満補強、問題は監督力)

・ダークホースグループ(4~7位)
川崎(大久保らの攻撃力は抜群)
柏 (バランスがよく勝負強い。補強も悪くない)
広島(連覇時の選手の高齢化が克服できるか?)
鳥栖(昨年のようなハードワークができればそこそこ戦える)

・中位力グループ(8~11位)
F東京(代表選手クラスがいるけれど怖さがない)
横浜M(堅守だけど点が取れない。中村俊の離脱は大きい)
名古屋(お決まりの中位力を今期も発揮)
神戸(ネルシーニョ監督の手腕発揮は来期かな)

・残留争いグループ(12~15位)
仙台(主力の流出を補う補強ができていない)
甲府(選手層が薄い)
新潟(外国人次第ではもっと上の可能性もある)
湘南(リアクションサッカーがハマればおもしろい存在)

・降格グループ(16~18位)
清水(J2レベルの戦力にみえる)
松本(J2レベルの戦力にみえる)
山形(運で昇格。地力が足りなさそう。)

★前期優勝|G大阪 (昨年の勢いで勝てそう)
★後期優勝|鹿 島 (前期が試用期間で、後期に勝負をかける予定)
☆総合優勝|鹿 島 (いちおう鹿サポなので許してw。)
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する