ハイ・コスパのランチ@銀座

2015.03.04.Wed.17:26
2/26、京橋のブリジストン美術館を後にするころ、
ちょうどお昼どきでした。
東京で食事する時、新規開拓以外の時は
新宿ならA、渋谷ならBというように、
各エリアの美味しいお店の鉄板リストを持っています。

京橋の近くで、安くて美味しいお店で思いつくのは
銀座のスペイン料理店です。
小雨でしたが、10分ほど歩いて行ってきました。

主菜をパエリア、お肉、お魚を選ぶだけで
あとはおまかせです。

■前菜は4品
・ニンジンのポタージュ(カップで)
・スペイン風オムレツ
・ワカサギのフリッター
・自家製の鶏むね肉のハム

■主菜
・本マグロのコロッケ
(パン)

■ドルチェ&コーヒー
・ダークチェリーのタルト

これだけ食べて、
1,000円ポッキリ。満足!

このお店は、ハイ・コスパで、
サービスも手際がよく
私の評価が高いお店です。
実はパスを持っていて
ミニ・ドルチェがサービスになるのです。

盛りだくさんの前菜をみると
グラスワインが飲みたくなりますが、
打ち合わせがあるので我慢しました。

本マグロのコロッケは、
似たようなものをスペインのタパス屋で
食べたことを思い出しました。
スペインではタパスでも、
日本ではメイン料理に変身してしまうのが
お国柄のちがいでしょうかw。
バルセロナのリセウ劇場などでは
幕間は1時間ぐらいあるので
オペラ座を抜けだして、
タパス屋で飲み食いをしました。

帰り際、私はシェフに話しかけました。
「ニンジンのポタージュになにかスパイスを入れたでしょ!」
「はい!」
「 カルダモンのようなさわやか系の香りがしたけど…」
「微量のアニスをいれました」
「アニスかぁ…!外れちゃったねw。」
「スパイスに反応してくれる方、ほとんどいませんから嬉しいです」
「次に来た時は当てるから…」

シェフとのスパイス対決は続きそうです。

IMG_1560a.jpg
IMG_1565a.jpg
IMG_1568a.jpg
IMG_1569a.jpg

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する