オリオン大星雲が焼きそばに見えた夜

2015.01.18.Sun.23:10
冬は星を見るのには最高のシーズンです。
オリオン座が夜空を支配している感じでしょうか。

昨夜は、日立シビックセンターの天球劇場で
プラネタリウムで星の解説を聴いた後、
望遠鏡で実際に星の観望会がありました。

観望会は、地上45メートルぐらいの屋上で行われました。
強風中だったので、激寒でしたが80人ぐらいの参加がありました。
いま話題のラブジョイ彗星やオリオン大星雲などを
30倍の天体望遠鏡で見せていただきました。

ラブジョイ彗星は、いま、プレアデス星団(すばる)の近くです。
イメージはほぼ天球と思えば、探し出しやすいです。
五等星ぐらいの明るさなので、肉眼で見るにはキツいです。
わが家からは、サッカー観戦用の8倍の双眼鏡であるかないか分かる程度。
昨夜、30倍の望遠鏡でみても、うすぼんやりと見える程度。
天体写真家が長時間露光して撮る
鮮やかなエメラルド色には見えませんでしたが、
それでも、実際の彗星が見られてよかったです。

感動的だったのは、オリオン大星雲です。
いわゆるM42星雲。
オリオン座の中央の三ツ星の南の
小三ツ星の中央にある散光星雲です。
なかなかキレイに見えました。
私には、鳥が飛んでいるような感じに見えました。
(ちなみにウルトラマンのふるさと、M78星雲もこの近くです。)

orion.jpg

さて観望会が終わった後、
会場近くの中華料理店「M」で
名物の焼きそばを食べました。
ここは盛りがいいことで有名です。
運ばれてきた豚焼きそばの隆起をみて、
さきほどまで見ていた
オリオン大星雲とかたちが似ている!と思いました〜w。
鳥の翼に見えた部分がお皿、白い部分が麺です。

似ている!
と思いませんか?

IMG_1188a.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する