「孤独のグルメ」ごっこの失敗(骨まで愛して編)

2015.01.05.Mon.19:19
「夜食テロ」の異名をもつこだわりのB級グルメ番組『孤独のグルメ』は、
私がみる数少ない番組のひとつですが、
上京した時、番組で紹介されたお店を訪ねるのが私の楽しみです。

昨年の東京出張の時、
外苑前のキラー通り沿いにある鉄板焼き中華のお店を訪ね、
「蒸し鶏のねぎ醤油」をたべて、その美味しさに感激しました。
その時に印象を日記で

お箸でお肉をつまむとホロホロとお肉が骨からはずれ
柔らかく蒸されていてビックリ。
「ねぎ醤油」のタレは、見た目真っ黒ですが、
あっさりとしていて、かつ深いコクで香り豊かな風味。
これは、なかなか出会えない味です。
すばらしい。
骨以外のすべてを食べきりました。

と私は書いています。
ここまで読むと「めでたし、めでたし」なのですが、
私の失敗が発覚したのは正月すぎのことです。

1215kg02.jpg


年末の深夜に放送された『孤独のグルメ・名作選』で
上に記した鉄板焼き中華の回(Season4の第9話)が放送され、
その録画をみてビックリ!

10時間以上かけてつくられた「蒸し鶏のねぎ醤油」が
肉だけでなく、骨まで食べることができることを
その時、知ったのです。
本放送の時、井ノ頭ゴローが骨を食べているシーンを
うっかり見過ごしていました。

「骨以外のすべてを食べきりました」
と書いてしまったこと、
死ぬほど恥ずかしいです。

ああ、がっかり。
鶏さんの骨まで愛してあげるべきだった。
う・ら・め・し・い。
普通は、骨まで食べられるとは
思いませんからね…。

1215kg01.jpg

これは次回、
絶対にリベンジしなくては…とは思うのですが、

門前仲町のやきとり、
根津の居酒屋の特辛カレーライス、
人形町の黒天丼、
十条の鯖のくんせい、
江戸川橋の魚屋の銀だら西京焼
など
行きたいお店がたくさんあります。

大人のあそび「孤独のグルメ」ごっこ、
なかなか悩ましいです…w。



スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する