料理、いたしません宣言

2014.12.26.Fri.14:45
クリスマス前、
母に「イヴは何が食べたい?」と問うと、
「ケーキとチキン」という返答でした。

その瞬間、今年は買ってきたものだけで
イヴの夜は済ませられると
真っ赤なお鼻のトナカイさんのように、喜びました。

クリスマスは
料理、いたしません宣言!

なかなか「ドクターX」大門未知子のように
かっこうよく言えませんけど…。

今年のケーキは、近所のちいさなベーグル店のもの。
いちばん小さいサイズを注文しましたが、
二人では食べきれませんので、
翌日の朝食もケーキでした。

夕方、取りに行った時、
待ってました!とばかりに、
うちのケーキのデコレーションがはじまりました。
作りおきじゃなくて、フレッシュなケーキをいただけました。
断面もご賞味くささい。

IMG_0839.jpg
maki
当然、チキンも近所のケンタに予約していたものです。
夜、鳥にいきました。(誤変換のままです。ここで笑ってほしいw)

聖夜の断面指向のワンプレートは
以下のようなものを食べました。
ちなみに15分で用意完了。

・ケンタのチキン各種(市販品)
・サーモンとホタテのテリーヌ(市販品)
・白身魚とエビのテリーヌ(市販品)
・ベーグルのなんちゃってチーズフォンデュ(市販品を簡単調理)
・コールスローと安納芋(用意しておいたもの)

IMG_0862.jpg

食事が済んだら、私の時間。
いつもは安ワインを飲んでいますが、
クリスマスなので、すこしイイものを飲みました。
これは、ある方からのいただいたものです。

ブルゴーニュの
セリエ・デ・ウルシュリーヌ・ ジュヴレ・シャンベルタン1998年
Cellier des Ursulines Gevrey Chambertin

ワインチャートをみると98年のブルゴーニュのワインは
あまりよいヴィンテージではないとされていますが、
16年経っているからかそれなりに熟成がすすんでいて凝縮感、力強さがありました。
ほんのりと野いちごの香りとスパイシーさがあって、美味しかったです。
ブルー・チーズを用意することも忘れていません。

このワインが作られたブルゴーニュへは
2002年秋におフランス外遊中に立ち寄ったので懐かしいですね。
シャンベルタンはナポレオンが好きだったワインとしても有名です。

IMG_0853.jpg

音楽はヘルマン・プライが歌う
クリスマス向きの歌曲集のCDを流しました。
その内容は、声楽好きが喜びそうなシブイもの。
バッハのクリスマス向きのカンタータは
昼間、さんざん流していたので…w。

コルネリウス: 歌曲集《クリスマスの歌》 Op.8-1~6
ヴォルフ: 古画によせて
ヴォルフ: 眠れる幼子イエス
コルネリウス: 主の祈り Op.2

ジュヴレ・シャンベルタンの味わいと
プライのバリトンの朗々とした美声は
なかなかすばらしいマリアージュだと思いました。

IMG_0903.jpg
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する