いきなりクオドリベット

2014.12.24.Wed.09:46
朝、FMをつけたら
いきなりバッハのゴールドベルク変奏曲の
第30変奏「クオドリベット」の箇所が
弦楽合奏で流れてきました。

ゴールドベルク変奏曲はピアノ曲ですが、
ドミトリー・シトコヴェツキーが弦楽三重奏曲に編曲したのは有名。
それを弦楽合奏へ拡張した演奏です。

wikiによると
「クオドリベット」というのは
ラテン語で「好きなように」を意味するようです。
宴会などで行う、複数人がそれぞれちがう歌を同時に歌う遊び。

バッハは当時の流行歌二つを組み合わせながらも、
主題とも重ね合わせて終曲としています。
その流行歌とは、
「長いこと御無沙汰だ、さあおいで、おいで」と
「キャベツとカブが俺を追い出した、母さんが肉を料理すれば出て行かずにすんだのに」

フーガが重なりあうと、厚い響きになちがちですが、
ここでは複数の旋律が重なりあって
軽妙な楽しい音楽になっていますね。

来年2月の紀尾井シンフォニエッタの定期演奏会では
ドミトリー・シトコヴェツキーの指揮で、
このゴルトベルク変奏曲BWV988(弦楽合奏版)が演奏されます。
私、上京して聴きに行きます。

あっ、今日はクリスマス・イブですね。
バッハのクリスマス・オラトリオは言うまでもありませんが、
カンタータなら第63番、91番、110番、191番も聴きたいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=WO-pt16FxxM


スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する