「めしばな刑事タチバナ」ごっこ(牛丼編)

2014.12.08.Mon.12:45
あまりテレビを見ない私ですが、近年、深夜に放送される
「孤独のグルメ」「めしばな刑事タチバナ」「深夜食堂」などは
とても関心を持ってみています。
深夜に美味しそうな料理を見るのは、
食いしん坊の私にとって、
それはイジメに近いものがありますw。

紹介されるお店は都内にあることが多く、なかなか行けないのですが、
だいぶ前に「めしばな刑事タチバナ」の“牛丼サミット”で放送された
上野のバターがトッピングされた和牛の牛丼店に
昨日、やっと行ってきました。

私の知り合いの中には、
これらの番組で紹介されたお店へ行く方、少なくありません。
まさに大人のためにB級グルメ・巡礼ごっこでしょうか…w。

この店の看板メニューは、
和牛丼(白)と和牛丼(赤)

「白」は、バターと温泉卵とノリがトッピング。
「赤」は、辛味噌と温泉と糸唐辛子がトッピング。

牛丼は、カレーやラーメンにならぶ国民食と言っていいでしょう。
カレーやラーメンは自宅で食べることが多いのですが、
牛丼は外で食べることの方が多いかも。
私も月に1~2回、時間がない時に三大牛丼チェーン店のどこかで
さっと食事を済ませてしまうことがあります。

しかし、
この和牛丼「白」はじっくりと味わって食べてきました。
店員さんが、「良く混ぜてお召し上がりください。
お好みでニンニクを潰してください。」という一言。
しかし、その後の予定を考慮してニンニクはパス。

言われてた通り、
まぜまぜしながら食べてみました。
バターが溶けると風味がアップ。
味付けは和牛の肉質をいかした薄口。
全体的にはすき焼きに近い感じでしょうか。
なかなか美味しくいただきした。
値段はチェーン店の倍以上ですが、
その価値はありますね。

この牛丼で、バターはいい仕事をしてますね。
牛肉、しょう油タレ、温泉卵をよくまとめています。
そして懐かしい味と感じます。
ちなみに私のトッピングの原点は
子供のころによく父に連れていかれた札幌ラーメン屋のバターでした。
ここの牛丼は、チェーン店にはない
ノスタルジー系ごちそう系牛丼でしょうか。

1208gd02.jpg
1208gd01.jpg

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する