つくばのビストロにて

2014.12.05.Fri.20:04
11/30の午後はつくば市で音楽会がありました。
その日のランチは、“BDP”というビストロでとりました。
ここは、つくばの現場があった時によく通ったお店です。

このビストロでは、
月替わりでフランス各地の郷土料理を出してくれます。
11月はでブルターニュ・ノルマンディー、北フランス各地方の料理。
ちなみに今月はアルザス地方。

当日はブルターニュ・ノルマンディー、北フランス各地方の料理の最終日。
私はブルターニュ・ノルマンディーへ行ったことがありますが、
このプリフィックスランチでは
現地で食べたことがないものを選びました。

■前菜:旬菜のフランドル風
■主菜:カルボナード(ベルギーに近いフランドル地方の牛肉のビール煮込み)
■(サービス)焼きたてのマドレーヌ
■デザート:ビターチョコレートと栗のタルトとフランボワーズのシャーベット
■コーヒー

バゲットは、良質のオリーブオイルで食べると美味しいです。
1205f.jpg

旬菜のフランドル風は香ばしい焦がしバター風味でした。
最近、バターが不足しているようですが…。
具材は、カブ、ニンジン、さといも、ほうれん草、卵
1205c.jpg

牛肉のビール煮込みを食べながら、
ソースのほろ苦さがアルコールがほしくなります。
ワインが飲みたいと心の中心で叫んでいた。
しかし車なので断念。
お肉はたいへんに柔らかくて美味しかった。
1205b.jpg



注文してないのに、
いつも焼きたてマドレーヌがサービスされます。
1205e.jpg


もうここまで来るとお腹がいっぱいです。
誰かさんたちのようにベツバラがないことを恨みました…w。
1205a.jpg
1205d.jpg

おフランスは
ブルターニュだけでなく
田舎の郷土料理が美味しかったです。
はっきり言って、パリの食べ物はあまりおもしろみがない。

スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する