富士山が見える限界

2014.11.14.Fri.15:28
昨日のM紙朝刊にあった
「富士山が見える限界は―計算上可能な京都で初の撮影」
という記事を興味深く読みました。
撮影された場所は、京都市左京区の山林。
山頂の一部分が見えている写真が掲載されていました。

富士山から261㎞離れた京都府からはじめて富士山が撮影され、
富士山を見ることができるのは20都府県になったそうです。
20都府県とは、静岡、山梨、関東1都6県、福島、新潟、富山、長野、
岐阜、愛知、三重、滋賀、京都、奈良、和歌山。
ちなみに、これはネットnあった富士山の可視マップ。
http://www.geocities.co.jp/fujisan62jpnmap/kashi.html

ちなみに富士山が見える最遠地は323㎞離れた和歌山県の色川富士見峠(H900)。
一方、北限は308㎞離れた福島県川俣町・飯館村の花塚山(H918)であることが
理論的に分かっているそうですが、まだ撮影はされていないようです。

私も空気が澄み切った冬季に常磐道を南下している時、
茨城県南部や千葉県北部から富士山が見えると萌えますw。
富士山が見えると、何かイイことがありそうですからね。
下の画像は、高速バスから私が撮ったものです。

7886422_2059916764_223small.jpg

7886422_2059916763_238small.jpg


偶然なのですが、昨日、私の知人が
鹿嶋市から見えた夕日の中の富士山の画像をUPしてくださっていました。
雲の映りもステキですね。
ご本人にOKをいただいて、掲載されていただきます。
私も、カシマスタジアムから、こんな感じの富士山をみたことがあります。

kashimahuji.jpg



スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する