サンダーバードの秘密基地

2014.09.18.Thu.20:17
008d42d54f13747656fff3af576847d2b6c0bfb91362264849.jpg


今日、FBフレンドのT野氏が東京都青ヶ島のことを書いていました。
伊豆諸島にある人口170人、周囲約9キロメートルの火山島。
世界的にも珍しい周囲が崖で囲まれた「二重カルデラ構造」です。
都心から南へ358キロメートル。
青ヶ島へ行くためには、
最短では八丈島まで飛行機で45分、ヘリに乗り換えてさらに20分。
最長では八丈島まで船で10時間、別の船に乗り換えてさらに2時間半。
時間だけでみれば、外国へ行くのと同じぐらいの時間がかかります。

私、秘密基地のような青ヶ島の上空写真をみていたら、
古い記憶が蘇ってきました。
それは「サンダーバード」の秘密基地です。
秘密基地があったトレーシー島と
この青ヶ島が重なって見えてきました。
(モスラの故郷、イースター島にも憧れていたなぁ〜)

私が子供のころ、英国で制作された
SF人形劇「サンダーバードが大好きでした。
私がもっとも関心が高かったのは、
番組で大活躍する乗り物よりも、
それらが格納される秘密基地でした。
サンダーバード1号や2号から基地から発進するシーンが
番組をみていていちばん高揚しました。
乗り物が、普段は見えないところに格納されているのがイイんです。

私、秘密基地のプラモデルが欲しくて、
親にせがんで買ってもらったことがあります。
どのように私がこのプラを組み立てをしたのか覚えていませんが、
かなり一生懸命につくっていた〜と、母が証言しています。
こんなものを子供のころから作って喜んでいたということは、
やはり建築向きだったのでしょうかw。

私が作った秘密基地は、もう何処かへ行ってしまいましたが、
ネットで検索してみたら、同等のものを見つけることができました。
秘密基地は、これほど精巧には作れませんでしたけど…。
ああ、懐かしい。
プラモデルであっても、リアルな「基地」であっても、
「基地づくり」というのは、まさに男の子のロマンです。
大人になっても、他所で自分の「居場所づくり」は男のロマンでしょうかw。

サンダーバードにはペネロープという女性諜報部員が登場しますが、
声の吹き替えをしていたのが若き黒柳徹子さんだったことを知ったのは
私が大人になってからです。

th02.jpg

tb01.jpg
スポンサーサイト
コメント
懐かしい思いでの数々
お久しぶりです~お元気ですか?


サンダーバード・懐かしい男子も女子も張り付いて見ていたワクワクするサンダーバード・

人形劇は他にチロリン村とクルミの木、ひょっこりひょうたん島も大好きでした。いや、今も好きです~つべで探して見たりしてます。
遥か昔の事ながら、チロリン村の最終回には悲しくて泣きながら見た記憶があります。

サンダーバード、チロリン村、ひょうたん島(順不同笑)~この三つは私の幼少時代を語るのには欠かせない。


欠かせないといえば漫画もあります~赤塚作品、藤子作品、楳図作品~アニメではなく漫画なのだ。

おそまつ君(6兄弟の名前ぜんぶ言えます笑)
オバケのQ太郎(バケラッタのO次郎が可愛い)
ジャジャ子ちゃん(亡き母いわく「あなたみたいなキャラ」笑)
まことちゃん(サバラとグワシができます笑)
ママがこわい(元祖ヘビ女)

藤子作品と赤塚作品は、ドラえもん・忍者ハットリ君、先にあげた漫画なども含めて様変わりして放映される事もありますが、なぜか面白くない。
ドラえもんにいたっては腹立たしくなるほど面白くないのは何故なのでしょう…
楳図漫画は神田の古本屋でコレクションしてます。


長々とすみませんでした。
まことちゃん
ゲルバー夫人さん

ゲルバー夫人さんが
いちばん好きなキャラは
まことちゃんですよね。
ある方に、まことちゃんのTシャツを
プレゼントした話を聞いて
大笑いしました。

管理者にだけ表示を許可する