プッチーニのコスプレをするドミンゴ

2014.09.15.Mon.15:39
クラシック音楽のCDが飽和状態なので、
しばらく聴いていないものも少なくありません。
昨夜、だいぶ前に買ったプラシド・ドミンゴが歌う
プッチーニの歌曲集がポロッと発掘されました。
録音は89年です。

このCDは
“unknown Puccini(知られざるプッチーニ)”と題されています。
プッチーニはオペラの作曲家としてあまりに有名すぎるので、
ちいさな歌曲はあまり知られていないと思います。
でもムッソニーニが第二次大戦中に士気高揚に利用した
「ローマ賛歌」もプッチーニが作曲したものだったりします。

このCDは
どちらかというと歌曲の好事家向きでしょうか。
でも聴いた瞬間、すぐにプッチーニのものだとわかる
叙情性にみちた美しいメロディばかりです。

もうひとつだけ、
ユニークなのがドミンゴがプッチーニのコスプレをしていること。
解説の表裏に彼らの写真が載っていますが、
かなり本格的に似せようとしていますね。
でも体格差は無理があります。
オペラ歌手は、ほとんどアスリートですからね。

0915gp03.jpg

0915gp02.jpg

0915gp1.jpg


このCDの中にある
テノールとバスとオルガンのための
「二声のためのヴェキシラ」という曲が好きです。
賛美歌風のメロディですが、ドミンゴらが歌うと
オペラの二重唱にも聴こえてきます。

こんな曲を、you_tubeに動画投稿をしてくれてた方がいたので、
お借りしてきました。

http://www.youtube.com/watch?v=8rYxk4ehz8Q
↓↓↓








スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する